土居美咲 完敗で4強ならず

土居美咲 完敗で4強ならず

  • tennis365
  • 更新日:2019/09/21
No image

準々決勝で敗れた土居美咲 : 画像提供 ゲッティ イメージズ

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(日本/大阪、ハード、WTAプレミア)は21日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク83位の土居美咲は同41位のA・パブリュチェンコワ(ロシア)に2-6, 2-6のストレートで敗れ、ベスト4進出とはならなかった。

この試合は前日に行われたが、第1セットの途中で雨による悪天候の影響により21日へ順延していた。

再開後、土居はパブリュチェンコワの強打に圧倒され、1時間27分で敗れた。

土居は日比野菜緒とのペアで同日のダブルス準決勝に臨む。第2シードのチャン・ハオチン(台湾)/ チャン・ラティーシャ(台湾)組と決勝進出を争う。

同日の準々決勝では第1シードの大坂なおみがベスト4進出を果たした。準決勝では第9シードのE・メルテンス(ベルギー)と対戦する。

「東レ パン パシフィック オープンテニス」
アジア初の国際女子テニス公式戦としてスタートした国内最高峰のWTAプレミア大会。出場表明した大坂なおみを筆頭に、世界を舞台に戦うトップ女子選手が日本で魅せる。

【放送予定】
9月16日(月・祝)〜22日(日)連日生中継[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
杉田祐一 死闘制し4強入り
大坂なおみ 今季2度目の月間最優秀選手に輝く。好調維持で昨年涙を流した最終戦へ
マレーが2017年全仏OP以来の4強入り、2時間半超えの接戦制す
西岡良仁、今季初の4強ならず
マレー 復帰後初の4強進出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加