アシスト、Webアプリケーション超高速開発基盤「AEDAN内製パック」

アシスト、Webアプリケーション超高速開発基盤「AEDAN内製パック」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/09/15
No image

アシストは9月15日、米Progress Softwareのルールエンジン「Progress Corticon」と、キヤノンITソリューションズのWebアプリケーション自動生成ツール「Web Performer」を組み合わせたWebアプリケーション超高速開発基盤「AEDAN(えいだん)内製パックWebアプリケーション開発版」の提供を開始した。

Progress Corticonは、ディシジョン・オートメーション・プラットフォーム「AEDAN(えいだん)」の要素技術として位置付けているビジネスルール管理システム(BRMS)で、意思決定の自動化を支援し、ビジネスルールの変更をコーディングレスでシステムに反映することができるという。

一方のWeb Performerは、ノンプログラミングでWebアプリケーションを自動生成する高速開発ツール。

同社は、これらを組み合わせることにより、システム開発の高速化に加え、柔軟性および保守性の高いシステムの構築を実現するとしている。

「AEDAN内製パックWebアプリケーション開発版」は、Progress Corticonによりビジネスルールをアプリケーションから切り離すことでシステムの柔軟性を向上させ、さらにWeb Performerにより高速でアプリケーションを開発することで、企業におけるWebアプリケーションの内製化を推進する。

価格は、サブスクリプション方式で提供し、初年度は月額295,900円から。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
海外出張が多い人に! 日本人デザインの旅行用アダプター「TOFU」が人気
もっと一人っきりになる!新型『ぼっちてんと』は暗さと通気性が向上
いざという時に使えないAEDをなくせ!人の命をIoTで救う努力が始まった
パナソニックが左右360度、上下約90度を見渡せる屋内スイングカメラを発売
ソニーやパナソニックが「スマートスピーカー」の開発に注力する理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加