冬アニメのきらら枠「スロウスタート」は、癒したっぷり! スロウなスタートを切った少女たちの、スロウな成長物語

冬アニメのきらら枠「スロウスタート」は、癒したっぷり! スロウなスタートを切った少女たちの、スロウな成長物語

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2018/01/11
No image

『スロウスタート』(篤見唯子/芳文社)

安定の癒しを提供してくれる“きらら枠”。冬アニメでは『スロウスタート』『ゆるキャン△』の2本が放送されている。本記事ではその中から、『スロウスタート』を紹介しようと思う。原作の漫画『スロウスタート』(篤見唯子)は、芳文社が刊行している月刊誌『まんがタイムきらら』で連載中だ。

中学卒業とともに、親戚である京塚志温が大家をしているアパートで一人暮らしを始めた主人公・一ノ瀬花名は、実は高校受験直前に体調を崩して中学浪人になってしまった女の子。本作品は、1年遅れで高校1年生となった花名と、彼女を取り巻く個性豊かなキャラクターたちとのスロウな成長物語だ。

本作品の魅力は、どこまでも優しく、ふんわり愛らしいキャラクターたちにある。人見知りな上、1年ブランクのある花名は、入学式の日、みんなと馴染めるか不安でとても緊張していた。しかし、入学式当日が誕生日であることを知られ、ヲタクで人懐っこいハイテンション女子・百地たまて、コミュ力が高く誰とでも打ち解けられる十倉栄依子、栄依子にべったりな千石冠にあっという間に囲まれて、緊張しながらも楽しい高校生活をスタートする。それぞれが特徴的で、違っていて、だからこそお互いを尊重し合える。そんな理想的な関係は、微笑ましくて羨ましい。

また、大家の志温も、のんびりマイペースで悩みなんてなさそうな顔をしているが、実は就職浪人中。それ故に、花名の良き(?)理解者となっている。そしてアニメではまだ登場していないが、花名が住んでいるアパートにはもう1人浪人中の女の子が住んでいる。「人より出遅れてしまった」という事実は焦りを生み、自信をなくしてしまいがちだが、こうして様々な理由で人よりゆっくりになってしまった仲間が、クラスの友達が、花名の一歩踏み出す勇気になっていく。

「浪人」という分かりやすい出遅れではなくても、大抵の人が何かしらの“スロウスタート”を経験しているのではなかろうか、と私は思う。例えば、友達がなかなかできず人付き合いを始めるのが遅かったり、勉強が苦手でなかなか頑張れなかったり、体が弱くて人と同じように動けなかったり、何かでつまずいて立ち止まってしまったり……。でも、一度も立ち止まらずに生きている人の方が実は危険で、自分のスロウスタートを認めて受け入れた時、人は強くなる。人と同じ速度ですべてのことをこなせる人間なんて、失敗しない人間なんて、そうそういないのだ。でも、それでも、その人なりの生き方がある。この作品は、そういう生き方を許してくれる。気がする。

そしてもう1つ。マイペースの代名詞のような志温を中心に、本作品のキャラクターたちは度々枠にはまらない。彼女たちの前では漫画の枠もゆるくなるのか、一部において枠が仕事をしないのだ。これが一体どういうことなのか、未読の方にはぜひとも漫画をチェックしていただきたい。

そしてアニメでは枠不在のためか、やたらとぬるぬる動く上、カメラの仕事が素晴らしい。ぷにっと柔らかそうな彼女たちを、いろんな角度から堪能して和める(もしくは拝める)仕様だ。アニメにはアニメの、原作には原作の良さがヴィジュアルとしてもはっきりとあるので、どちらも一緒に楽しんでほしい。

可愛らしい少女たちに視覚的に癒されながら、同時に心も癒してもらえる『スロウスタート』。アニメはまだまだ始まったばかりだが、今期の癒し枠として必見だと声を大にして言いたい。

文=月乃雫

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

アニメカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アニメ「レイトン」第1話に今井翼がゲスト出演、放送はフジ日曜朝8時半
「Re:ゼロ」キャンペーンがローソンで ラム&レムの誕生日記念イラスト登場
「宇宙よりも遠い場所」第4話の先行カットが到着。南極行きに向けて夏期訓練!
アニメ「続『刀剣乱舞-花丸-』」から不動行光役・阪口大助、小烏丸役・保志総一朗のコメントが到着! 保志「今年、まだ花丸じゃ“ない”ことばかりなので(笑)」
『アイドルマスター SideM』全46人のアイドル達が一番くじに集結
  • このエントリーをはてなブックマークに追加