iOS12の「ミー文字」とSamsungの「AR絵文字」を動画で比較

iOS12の「ミー文字」とSamsungの「AR絵文字」を動画で比較

  • iPhone Mania
  • 更新日:2018/06/14
No image

Appleは、iOS12で使える新機能として「ミー文字」を先日の世界開発者会議(WWDC 18)で発表しました。Samsungの新モデルGalaxy S9の新機能「AR絵文字」と「ミー文字」を比較した動画を米メディアMacRumorsが公開しました。

「アニ文字」に続く「ミー文字」

Appleは、2017年秋にiPhone X用の機能として「アニ文字」を発表したのに続き、iOS12の新機能「ミー文字」を発表しました。

No image

一方Samsungは、今春の新モデルGalaxy S9用機能として、カメラで読み取ったユーザーの顔をアバターとして使える「AR絵文字」を発表しています。

No image

少しコミカルな仕上がりの「ミー文字」

Appleの「ミー文字」は、空白の顔をベースに、肌の色や髪の色、髪型、顔の形、目の形と色、眉毛、鼻、唇、耳、ヒゲなどのパーツを組み合わせていくと、少しコミカルな顔が完成します。

No image

完成した自分の顔は、iOS12のFaceTimeやメッセージアプリで使うことができます。

No image

「ミー文字」の利用には、ユーザーの顔を3D認識するTrueDepthカメラが必要なので、現在販売されている機種ではiPhone Xだけが対応しています。

リアルだが無機質な印象の「AR絵文字」

一方、Samsungの「AR絵文字」はカメラで撮影した顔がベースなので、リアルではありますが、コミカルな印象は薄く、やや無機質なヒューマノイドのような印象も受けます。事実、各メディアから「不気味」などと評されています

No image

Galaxy S9には、iPhone XのTrueDepthカメラのような3D顔認識機能はないので、「AR絵文字」で作成したキャラクターは、ユーザーの表情を真似ることはできますが、ウインクを含む目の動きや舌の動きまで追従する「ミー文字」ほどの細やかな変化には対応できません。

両者の違いを比較した動画はこちらからご覧ください。

Source:MacRumors

Photo:Samsung

(hato)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アップル iPhone SE2開発中止へ
LG、最新デバイスの宣伝にiPhoneのテレビCMでおなじみの有名人を起用
またか。iPhone SE2は結局2018年に出ないという報道
Apple、開発者向けにmacOS Mojaveベータ2をリリース
【悲報】Apple、「iPhone SE2」の計画を中止か...アクセサリーメーカーから新情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加