チャーハンの「最適な炒め時間」が判明!パラパラチャーハンを作る「黄金ルール」【主夫めし】

チャーハンの「最適な炒め時間」が判明!パラパラチャーハンを作る「黄金ルール」【主夫めし】

  • メシ通
  • 更新日:2017/12/04
No image

嫁さん評価 ★★★★★

「今日はパラパラ系のチャーハンなのねぇ。ご飯にしっかりと味はついてる感じだわ、具もシンプルでいいわね」

娘評価 ★★★★★

「ほんまパラパラやね、これはなんぼでも食べてしまう味やわ! チャーハン以外のおかずがたべれんわー」

「パラパラのチャーハンの作り方」って星の数ほど紹介されていますが、今回はかめきち流パラパラチャーハン。どれくらいの時間炒めたらおいしくパラパラに仕上がるのか、実際にストップウォッチで計って作ってみた! ちょっとでも見てもらってる人にわかってもらえたらええねんけどねえ。

米が卵でコーティングされるよう、味付きの卵かけごはんから作り始めるのがコツ。あとはおすすめの隠し味も使ってますよ!

かめきちパパの「パラパラチャーハン」 【材料】(2人分) 温かいご飯 茶碗2杯(320gくらい) 卵 2個 焼き豚(市販) 60g 青ネギ 2本 醤油 大さじ2 蒲焼のタレ 大さじ1 塩、胡椒 適量 サラダ油 大さじ3

作り方

No image

1. 焼き豚は5㎜角に、青ネギは小口に切ります。

No image

2. ボウルにご飯を入れて塩、胡椒を軽くしたら、卵を割り入れて醤油と蒲焼のタレ(これが今日の隠し味!)を加え混ぜ合わせます。

※蒲焼のタレを入れると、甘みと照りが出せて味も見た目も深みが増します。みじん切りにしてよーく炒めた玉ねぎを入れたような味わいが簡単にプラスできる!

No image

3. 熱したフライパンにサラダ油を入れ、2をフライパン全体に広げるように加えてまずはご飯を焼きます。(ここですぐに混ぜ合わせたらあかん! 30秒ほど我慢やで)

No image

4. お玉でご飯をすくう感じで混ぜ合わせながら炒めます。

※お玉ですくってフライパンに落とす、この時に空気を含んでふんわりパラパラ感が出てくるで

No image

5. ご飯にパラパラ感が出てきたら焼き豚と青ネギを入れて一気に混ぜ合わせ、塩、胡椒で味をととのえたらできあがりです。

No image

気になるお時間、炒めだしてから4分25秒で完成!

最初は「炒める」ではなく「焼く」って感じで作る!

No image

ご飯にしっかりと卵を絡めて、コーティングしてから炒めるって感じやわ。それも、最初は「炒める」ではなく「焼く」って感じで、焦って混ぜすぎたらあかんでー。それから、水分がでやすい食材は控えめに。たとえば、玉ねぎ入れたら甘みが出てええけど、多すぎたら水分がでてパラパラ感がなくなりやすい。だから「蒲焼きのタレ」の出番。

No image

今回は4分25秒で仕上げたけど、材料の量や種類なんかでも時間は変わってくるから、まぁ1~2人分なら5分以内で作るのがええかもしれんね。海老や人参など火の通りにくいもんを具材に使うんやったら、事前に熱湯でさっとゆでて仕上げに加える感じで作ってや。

作った人:かめきちパパ

No image

調理師免許と食育アドバイザーをもつ主夫。うるさいお姫様2名と「お弁当・命!」の嫁さんとの4人暮らし。ご飯のおかずからお酒の肴まで和・洋・中なんでも作ります。「楽しく作って、楽しく食べる」そんな楽ウマ料理を楽しんでいます。

ブログ:SAKE TO RYOURI レシピブログ:かめきちパパさんのmyレシピブック

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

No image

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。

ウェブサイト:レシピブログ Instagram:@cookingram.jp Facebook:@comu.recipeblog

※この記事は2017年11月の情報です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

レシピカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【裏ワザ】いざって時は、「生米」からチャーハンが作れるんです!
【初心者でも作りやすい♪】イチゴたっぷり「クリスマス★タルト」が美味しそう!
ご飯がススム!「豚バラと切り干し大根」の“スパイシー常備菜”にハマっちゃう★
【5分おかず】「舞茸と卵の炒め物」ならあと一品が一瞬で完成!
【新食感】ふわとろTKG!アレンジ卵かけご飯 Vol.9
  • このエントリーをはてなブックマークに追加