ロッキード・マーティン、400機目のC-130Jを納入

ロッキード・マーティン、400機目のC-130Jを納入

  • おたくま経済新聞
  • 更新日:2018/02/14
No image

C-130J

No image

2018年2月12日(現地時間)、ロッキード・マーティンは、400機目のC-130Jスーパーハーキュリーズを2018年2月9日(現地時間)に納入したと発表しました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

世界的ベストセラーの中型輸送機、C-130シリーズの最新バージョンであるC-130Jスーパーハーキュリーズ。2017年にアメリカ空軍横田基地の第374空輸航空団にも配備されたほか、すでに17カ国で運用されており、総飛行時間は170万時間を超えます。記念すべき400機目となったのは、アメリカ空軍特殊作戦コマンド(AFSOC)に引き渡されたMC-130JコマンドーIIでした。

ロッキード・マーティンのジョージ・シュルツ航空・海洋部門担当副社長は「400機目の完成を従業員、関係企業の皆さん、そして17カ国にわたるオペレータの皆さんと祝いたいと思います。これら400機のC-130Jは、世界中でこれまでに証明された性能や、スーパーハーキュリーズにしかできない汎用性によって重用されてきました。その耐久性、関連性に裏付けられた能力は、これから数十年にわたっても、C-130Jを世界第1級の戦術輸送機たらしめるでしょう」と、400機目のC-130J納入に際してコメントしています。

今回アメリカ空軍特殊作戦コマンドに納入されたMC-130Jは、将来的に近接航空支援用のガンシップであるAC-130Jゴーストライダーへと改修可能な13機目の機体でもあります。この機体はフロリダ州ハルバート飛行場の第1特殊作戦航空団(1SOW)に配備される予定です。

Image:Lockheed Martin

(咲村珠樹)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
一夜にして5千万円近くが消失、“恐怖指数”金融商品の恐怖
大塚家具、資金ショート危機でちらつく「最終局面」...人材流出、荒唐無稽な成長戦略
4月から三菱UFJ銀行へ社名変更 預金者が必要な手続きとは?
佐藤栞里、ワインアンバサダー就任!初シャンパンタワーにうっとり
コインチェック、「お答えできない」のオンパレード...超高学歴集団の実像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加