三菱重工が大型客船から撤退へ 損失膨らみ

三菱重工が大型客船から撤退へ 損失膨らみ

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/20
No image

三菱重工業は、巨額の損失を出した欧米向けの大型客船事業について事実上、撤退する方針を明らかにしました。

三菱重工業・宮永俊一社長:「欧米向けの大型客船を全体を請け負って造ることは当面できないだろうし、コスト的にも全然、成り立たない」
三菱重工業は2011年に、10年ぶりとなる大型客船の受注に踏み切り、造船事業の柱としてきました。しかし、最新鋭の豪華客船の建造に関するノウハウに乏しかったことなどから工期が大幅に遅れ、損失額は約2400億円に膨らみました。このため、今後の造船事業は中小型船に絞り、欧米向けの大型客船の受注は当面、行わないとしています。また、他の造船会社との提携を検討し、来年3月までに改革案をまとめる方針です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ホットロッドショー16】来場者数1万6000人、出展車両は950台...華々しかった25周年開催
日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は大幅に3日続伸、引き続きソフトバンクGが指数けん引
ユニクロに1年潜入取材してみた!
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
メルセデス Sクーペ & カブリオレ、米国でリコール...シートベルトに不具合
  • このエントリーをはてなブックマークに追加