NHK受信契約義務は「合憲」 最高裁が初判断

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/12/06

最高裁判所大法廷(寺田逸郎裁判長)は2017年12月6日、放送法のNHKの受信契約を義務付ける規定は憲法に違反しないという判断を示した。最高裁として判断を示すのは初めて。NHKは受信契約の申し込みに応じない男性を提訴しており、1審、2審ともに合憲との判断が下っていた。

放送法では、テレビなど、放送を受信できる環境にある場合、受信契約を結ばなければならないことを規定している。男性はこれが憲法の「契約の自由」に違反すると主張しており、NHK側は受信料制度には十分な合理性・必要性があり合憲であるとしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
肛門に空気入れ死亡か 逮捕の2人「ふざけて...」
ベンツの運転手に絡まれ煽られていた軽自動車。しかし軽の方が一枚上手だった
中国軍5機が対馬海峡通過 戦闘機は初めて 防衛省で分析
「Yahoo! カーナビ」、年末年始の渋滞予測の公開を開始!
悪ふざけで肛門に空気入れられ男性死亡 「バラエティ番組への影響」を心配する声も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加