東洋大が高橋昭雄前監督に感謝状、1部最多542勝

東洋大が高橋昭雄前監督に感謝状、1部最多542勝

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/13
No image

東洋大からの感謝状を手にする高橋前監督(左)と初江夫人(撮影・久保賢吾)

昨季限りで東都大学リーグの東洋大の監督を勇退した高橋昭雄氏(69)が13日、監督生活46年間の功績をたたえられ、東京・文京区の同大で竹村牧男学長から感謝状を授与された。初江夫人と授与式に出席した高橋氏は「学校をあげてこのような感謝状をいただき、監督冥利(みょうり)に尽きます。こんなに幸せなことはありません。本当に名誉なことで、感謝に尽きます」と笑顔で話した。

授与式では竹村学長から最も印象に残る試合を聞かれ、「初優勝は今でも忘れません」と答えた。監督生活46年間で1部リーグ最多の542勝をマーク。リーグ戦は通算18度の優勝で、全日本大学選手権を4度、明治神宮大会を2度制した。ソフトバンク達川光男ヘッドコーチ、元西武の松沼博久氏、元巨人の清水隆行氏、ロッテ鈴木大地ら40人以上の教え子をプロに輩出した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
まさかまさか...阪神D1・馬場、練習試合KOデビュー 防御率なんと108・00
ヤクルト青木マルチ!G菅野から復帰初H
巨人菅野、青木にシンカー打たれた「さすがメジャーリーガー」
羽生善治竜王と藤井聡太六段の食事に「コンビニ飯」非難相次ぐ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加