「故障!」操縦士叫ぶ=墜落機音声記録か-コロンビア

「故障!」操縦士叫ぶ=墜落機音声記録か-コロンビア

  • 時事通信社
  • 更新日:2016/12/01
No image

コロンビアのチャーター機墜落現場=11月29日、中部メデジン近郊(EPA=時事)

【メデジン(コロンビア)AFP=時事】元サッカーJリーグの監督や選手を乗せ南米コロンビア中部メデジン近郊に墜落したチャーター機の操縦士が、近くの管制塔に「完全に故障、完全に電気系統が故障、燃料がない」と叫ぶ交信記録とされる音声が、コロンビアで11月30日、一斉に報じられた。

墜落数分前のミゲル・キロガ操縦士の無線での声とされるが、本物かどうかコロンビア当局は確認していない。ただ、コロンビアの主な放送局が放送し、新聞のサイトにも掲載されている。

これに先立ち操縦士は「燃料の問題」を訴え、着陸許可を求めている。管制塔は許可したが、直後に交信が途絶えた。(2016/12/01-09:22)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
16歳少年、浮気相手の男性を斬首 頭部を彼女に届ける(露)
ASKAどころではない! ハマると死ぬ世界の最新最凶ドラッグ5選
岸田外相、ロシア大統領と会談=来日前に詰めの調整-領土問題
誰もいないのにノックの音。中国の宇宙飛行士が宇宙空間での恐怖体験を告白
頭蓋骨を切断し遺体の肉をそぎ落として食す。古代ブラジルで執り行われていた死の儀式(ドイツ・ブラジル研究)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加