最新ランキングをチェックしよう
豪裁判所、「未送信メール」を遺書と認定・・・日本でも認められる?

豪裁判所、「未送信メール」を遺書と認定・・・日本でも認められる?

  • 弁護士ドットコム
  • 更新日:2017/11/14

画像はイメージです。オーストラリアの裁判所がこのほど、自殺した男性の「未送信メール」に法的な効力があると認める判決を下した。BBCやAFP通信など、海外メディアが報じている。
【おすすめ記事:下着みせて「チラっしゃいませ」 女子高生が働く「ガールズバー」が摘発されたワケ】
亡くなった男性は生前、(1)すべての財産を兄弟や甥にわたす、(2)遺灰を庭に埋めてほしい――という内容のメールを下書きしていた

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
キンプリ岩橋玄樹が“世界で最もハンサム”赤西仁を抜く大記録を達成!
【西日本豪雨】濁流から家を守った薄いブロック塀が海外で話題に!「職人技だ」「施工業者の技術が素晴らしい」などの声
前沢社長と交際の剛力彩芽 W杯インスタ投稿“謝罪”「住む世界が違う」も全力サポート誓う
座談会から生まれた新企画! ats-,清水武仁&渡辺徹 Feat.AXL21がジャケ写撮影中の貴水博之に全員でご挨拶そして突撃インタビュー!
新企画始動! 貴水博之×ats-,清水武仁&渡辺徹 Feat.AXL21座談会 第七回
  • このエントリーをはてなブックマークに追加