テレ朝会長、報ステCPセクハラ 逆らえない風潮?「指摘する社員いた」膨大被害は否定

テレ朝会長、報ステCPセクハラ 逆らえない風潮?「指摘する社員いた」膨大被害は否定

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/09/25
No image

テレビ朝日社屋

テレビ朝日の定例会見が24日、東京・六本木の同局で行われた。看板ニュース番組「報道ステーション」のチーフプロデューサーが女性社員に対するセクハラで8月30日付で懲戒処分を受け、番組を外れた問題で、局幹部が説明を行った。

早河洋会長・CEOは、被害者が「10人以上」と膨大だったとも報じられていることを問われると、詳細な数については明らかにせず「膨大というのは少し行き過ぎではないでしょうか」と述べた。

看板番組である報ステのCPには、周囲が逆らえない、被害を告発できないような風土があるのかと聞かれると、「インタビュー(社内調査)の中では、そういう指摘をする社員もいました」と述べた。

そのうえで「被害者側を特定して事情聴取する行為は非常に難しい。プライバシーもあり、デリケートな問題。我々が特定したものについては公表しました」と説明した。

早河会長は、昨年に同局社員が財務次官によるセクハラ被害を受け、局としてすみやかに対応できなかった反省から、局内でコンプライアンス研修も行ったことを挙げ「にも関わらず、起こった。受け止められなかった人間がいたということです」と厳しい口調で述べた。

自身が議長となって、ハラスメント対策を行うことを明らかにし「行為者には厳正処分が待ち受けているという認識も徹底させる」と述べた。一部で、早河会長が、このCPを重用していたとの報道があることには「人事は当該部局と人事部局の協議です。私が配置したというのは間違いです」と否定した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
佳子さま、ダンス公演で“美腹筋”を解放!
“先生いじめ”、保護者から批判相次ぐ
武蔵小杉人気の転換点に...タワマンの脆弱性露呈、11棟中2棟のみ停電&断水の原因
妻に「長い間世話になったな」、寝室2メートル浸水し死亡
山口組ナンバー2出所 刑務所前は厳戒態勢 東京・府中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加