中日・若松が今季初勝利、大島が先制弾、ゲレーロは2ラン

中日・若松が今季初勝利、大島が先制弾、ゲレーロは2ラン

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/13
No image

今季初勝利を挙げ、ファンとタッチする中日・若松=ナゴヤドーム

「中日3-0ヤクルト」(12日、ナゴヤドーム)

中日は先発・若松が7回6安打無失点で今季初勝利(3敗)を挙げた。八回は又吉、九回は田島が抑えて完封した。

打線は四回に大島の右越え3号ソロで1点を先制。八回はゲレーロの左越え29号2ランでリードを広げた。

若松は、「自分でチャンスを逃し前半戦で何もしなかった。なんとかチームの力になりたくてきょうは投げた。(相手の)小川投手も良かったので集中して投げた」などと振り返った。

先制弾の大島はこの日猛打賞。「ホームランは全然狙ってなかった。自分では詰まったと思ったが、思ったより飛んだ。(前夜は大敗で)きょうはやり返してやろうと思った。この勢いに乗ってヒットを打ちたい」と語った。

ヤクルトは先発・小川が8回8安打3失点と完投したが6敗目(5勝)を喫した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ももクロ百田「全力投球」 西武戦セレモニアルピッチに登場
【イップスの深層】サイドスロー転向の一二三慎太が見せた甲子園の奇跡
サファテ史上2人目の3年連続40S、岩瀬に並ぶ
DeNA前球団社長・池田純氏、Bリーグ川崎を友好的買収へ!
藤浪「申し訳ない」  復帰戦7四死球...異例の“タオル投入”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加