ASUS、37日待ち受けできる「ZenFone 4 Max」

ASUS、37日待ち受けできる「ZenFone 4 Max」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/12/05
No image

ASUSは12月5日、大容量バッテリを搭載した5.2型Androidスマートフォン「ZenFone 4」シリーズ最新製品「ZenFone 4 Max」を発表した。発売は12月8日。価格はオープンで、希望小売価格は24,800円(税別)。

ZenFone 4シリーズは、「ワンランク上のカメラ体験」を提供するため、背面カメラをメインカメラと広角レンズカメラのデュアル構成としている。今回発売するZenFone 4 Maxのメインカメラの画素数は1,300万画素。広角レンズカメラの画素数は500万画素で、視野角は120度。ワンタップでメインカメラと広角レンズカメラを切り替えられる。RAW撮影の対応、背景ボケを作るポートレートモードなど、使えるカメラ機能も豊富だ。

液晶サイズは5.2インチ。バッテリー容量は4,100mAhで、連続待受時間は最大37日、Webブラウジングは約21時間利用できるとしている。大容量バッテリーを生かし、付属のOTGケーブルで別のスマートフォンやタブレットを充電する機能も用意した。

また、ZenFone 4シリーズで初めて、トリプルカードスロットを備える。2枚のSIMとmicroSDカードを同時に使用可能だ。DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)にも対応し、SIMを2枚使うことで2つの電話番号を保持して使い分けられる。

ASUS独自のインタフェース「ZenUI」の最新版である「ZenUI 4.0」も採用予定。同じSNSアプリを複製し、アカウントごとに使い分けられる「ツインアプリ」機能や、緊急時に電源ボタンを3回押すと、登録した電話番号にSOSメッセージや現在地情報を送る「ZenUIセーフガード」が利用可能となる。

主なスペックは以下の通り。

OS: Android 7.1.1

CPU: Qualcomm Snapdragon 430オクタコア(1.4GHz)

内蔵メモリ: 3GB

ストレージ: 32GB

外部ストレージ: microSDXC(最大256GB)、microSDHC、microSD

サイズ: W73.3×H150.5×D8.7mm

重量: 約156g

ディスプレイ: 5.2インチ IPS液晶

ディスプレイ解像度: 1,280×720ドット(HD)

アウトカメラ: 約1,300万画素+500万画素

インカメラ: 約800万画素

バッテリー容量: 4,100mAh

FDD LTE: B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B11/B12/B17/B18/B19/B26/B28

TDD LTE: B38/B41

W-CDMA: B1/B2/B5/B6/B8/B19

GSM: 850/900/1,800/1,900MHz

Wi-Fi: IEEE802.11b/g/n

Bluetooth: 4.2

指紋認証センサー: 搭載

カラーバリエーション: ネイビーブラック、サンライトゴールド、ローズピンク

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Androidカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ベゼルレスに進化した最強スペックの中華スマホ「OnePlus 5T」が登場
この冬買い替えるならどれ?ドコモ、au、ソフトバンクの冬スマホを辛口ジャッジ
片手で操作できる最新コンパクトスマホ ベスト3
SIMフリースマホが機種別トップに、今年3度目 iPhoneの上位独占崩す
OSバージョンアップから取り残された「時代遅れのAndroid端末」がどれくらい動いているのかがグラフで明らかに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加