“スシ”に続く“おにぎり”登場、ハムの若き大砲がこだわるフルスイング

“スシ”に続く“おにぎり”登場、ハムの若き大砲がこだわるフルスイング

  • フルカウント
  • 更新日:2017/09/17
No image

日本ハム・横尾俊建【写真:石川加奈子】

177センチ、90キロの横尾「踏ん切りがつきました」

日本ハムの横尾俊建内野手が16日、本拠地でのオリックス戦で先制の4号ソロを左翼席中段に叩き込んだ。177センチ、90キロの体型で「おにぎり君」の愛称を持つ右の大砲は、ここ4戦3発と才能を開花させつつある。

ゆっくりとした足取りで三塁ベースを回った後に、ファン待望のパフォーマンスが飛び出した。8月27日楽天戦でプロ初アーチを放った時には照れくさそうだったが、4個目ともなれば手慣れたもの。大歓声の中、両手で“エアおにぎり”を3回握ってホームインした。

フルカウントからの144キロ直球を仕留めた。その直前、同じ144キロ直球をフルスイングして三塁線にファウル。「あれでストレートのタイミングをつかんで、あまり変えずにいきました。完璧です」と自画自賛した。

8月16日に1軍再昇格を果たした時、フルスイングを貫く覚悟を決めた。

「野球人生としてホームランにこだわりたい。(1軍に)上がってくる時、オフに行っているトレーニングジムの人といろいろ話したことがプラスになりました。どうしたいかと聞かれて、踏ん切りがつきました。『これだけトレーニングしたんだから』と言われて、自信もつきましたし」

4戦3発と大当たり、目指すは三振を減らしながらフルスイング

現在取り組んでいるのは、三振を減らしながらフルスイングを貫くこと。追い込まれて変えるのはスイングではなく、考え方だけだと言う。「三振(しないこと)とフルスイングは矛盾します。でも、(打撃コーチの)城石さんと金子さんに(相手投手)特徴を聞いて頭の中を整理したり、練習で右方向への打ち方を教わったりすることで、三振をしないように心掛けています。バットに当たれば、何か起きますから」と語る。

この日フルカウントから豪快に放り込んだ本塁打によって、その難しい課題がクリア可能であることを証明した。「まだ三振も多いし、全然できていないですけど、そこを目指したいです」と力を込めた。

ここ4戦で3発と量産中。すべて札幌ドームで放っただけに一層価値がある。「広さは気になります。最後(の左飛)も『鎌ヶ谷だったら』と思いますし。来年はああいう打球もホームランにしたいです」と、8回に左中間フェンス手前で捕球された打球を悔しがった横尾。飛ばしにこだわる頼もしいアーチストの誕生だ。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中日ひと筋21年の森野が引退...落合監督時代の黄金期支えた主砲
早実・清宮、22日プロ表明!最大9球団ドラフト史上最多争奪戦か
西武、ロッテに今季初3連敗 辻監督は「あと1歩」
楽天がメキシコ地震で募金活動 助っ人が母国のため直訴、試合後に35人参加
本命は?セ・パ12球団ドラフト1位候補
  • このエントリーをはてなブックマークに追加