神戸製鋼、ワールドカップ開催地の大分で3位をキープ

神戸製鋼、ワールドカップ開催地の大分で3位をキープ

  • J SPORTS
  • 更新日:2016/10/18
No image

10月16日(日)、トップリーグ第7節が行われ、大分銀行ドームで、5勝1敗で3位につける神戸製鋼コベルコスティーラーズと、今シーズンまだ2勝の9位キヤノンイーグルスが対戦した。

2019年のワールドカップの会場の一つでもあるスタジアムに、今シーズン3番目に多い10,514人の観客を集めた。

前節、リコーブラックラムズに苦戦しながらも勝利した神戸製鋼は、前節から日本代表HO(フッカー)木津武士、南アフリカ代表キャップ72を誇るCTB(センター)ジャック・フーリーの2人が先発した。

ハーフ団は元ニュージーランド代表SHアンドリュー・エリスと、今シーズンからSHではなく、SOで出場しているイーリニコラスが試合をコントロールする。

一方のキヤノンは、FW(フォワード)は右PR(プロップ)は山路泰生がスターターに回ったが他の7人は変わらず、BK(バックス)は南アフリカ代表のFB(フルバック)ウィリー・ルルーが15番を付けたことで、好調のマイケル・ボンドがCTBに。

SO(スタンドオフ)はパナソニックから移籍した野口裕也が先発し、WTB(ウィング)にはキッカーも務める森谷直貴が入った。

先手を取ったのは、やはり好調な神戸製鋼だった。前半4分、キヤノン陣内22m付近でのマイボールラインアウトを起点に、FL(フランカー)橋本大輝キャプテン、SHエリスとつなぎ、最後はWTB(ウィング)アンダーソン フレイザーが右中間にトライ。FBコディ・レイのゴールも決まって7-0とする 。

神戸製鋼は8分にもFBレイがPG(ペナルティゴール)を決めて、10-0とするが、キヤノンも10分、WTB森谷 のPGで3点を返した(10-3)。

しかし、勢いのある神戸製鋼は、12分、敵陣22mのスクラムからボールを展開し、CTBフーリーが縦への突破を見せ、さらにFL安井龍太がゴール手前まで持ち込み、最後はラックからSOイーリが左隅にトライを上げて15-3とリードを広げる。

キヤノンも21分、再びWTB森谷のPGで15-6とするが、22分、FBルルーが意図的な反則でシンビン(10分間の一時的退場)となる。この反則で得たPGを神戸製鋼はしっかりと決めて18-6。

数的有利となった神戸製鋼は、25分、相手ボールをターンオーバーした後、ボールを継続し、最後はSHエリスがラックサイドを突いてトライ。ゴールも決まって25-6と突き放す。

これ以上離されたくないキヤノンも反撃。26分にキックオフのボールをキープし、SH天野寿紀が裏へパントキック、FL杉永亮太がタップし、そのボールをキャッチしたFL嶋田直人が、そのまま走り切って中央にトライ。WTB森谷のゴールも決まって25-13とする。

その後は、再び、数的有利の状態だった神戸製鋼がアタックする時間が続き、33分、敵陣30m、右中間のスクラムを起点にFWでゴール前まで攻め込み、BKで素早く展開。

最後はWTBフレイザーが右隅にトライ。前半は30-13と神戸製鋼が大きくリードして折り返した。

後半、17点差のため、早い時間に点を取りたかったキヤノンは3分、敵陣ゴール前でのラックからBKへとボールを展開し、CTBボンドが右隅にトライ、30-18とした。

しかし、リードする神戸製鋼は14分、相手の反則からNO8(ナンバーエイト)谷口到がクイックスタート。

FWとBK一体となった攻撃でゴール前まで進み、最後はSHエリスからCTBフーリーとつないでトライ35-18、ゴールも決まり、再び37-18と相手を突き放した。

その後は互いに得点を挙げることができない膠着状態が続いたが、38分、キヤノンはハーフライン付近のラックから展開。

FBルルーが抜け出して、サポートしていた途中出場のベテランWTB小野澤宏時がトライ。37-25としたが、キヤノンの反撃もここまでだった。

逆に試合終了間際のロスタイム、神戸製鋼はカウンターアタックからBKがボールをつないで、WTBフレイザーがトライを挙げて44-25。神戸製鋼は3トライ差以上のボーナスポイントを獲得した。

マン・オブ・ザ・マッチには、ゲームをコントロールし、トライも挙げた神戸製鋼のSHエリスが選出された。

勝ち点5を積み上げた神戸製鋼(総勝ち点28)は3位をキープし、善戦しながらも敗戦が続くキヤノン(総勝ち点10)は勝ち点を挙げられず12位へと順位を落とした。

第3節から5連勝で、無敗のヤマハ発動機ジュビロ、サントリーサンゴリアスを追う3位の神戸製鋼は次節、10月22日(土)に三重・三重交通G スポーツの杜 鈴鹿サッカー・ラグビー場で、開幕から白星なしのHonda HEATと対戦する。

キヤノンは同じく22日にホームの東京・町田市立野津田公園陸上競技場に、昨シーズン王者で、4位につけているパナソニックワイルドナイツを迎える。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮寛貴コカイン使用疑惑に続報 少なくない「服装のほうが気になる」の声
成宮寛貴、尿検査で「陰性」 薬物疑惑報道を改めて否定
石原さとみ『地味にスゴイ』最終回でまさかの“男根ネタ”!『逃げ恥』に逆転された要因は?
人をダメにする着る毛布「ダメ着」のニューバージョンが完全にダメなやつ / 頭から足まですっぽり包まれて着たままトイレもできる!
『相棒』の頃から異変が... 成宮寛貴「薬物疑惑報道」の背景
  • このエントリーをはてなブックマークに追加