43歳中日・岩瀬 新球で恩師に1001(仙一)登板ささげる

43歳中日・岩瀬 新球で恩師に1001(仙一)登板ささげる

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/14

新球で、恩師にささぐ「1001(仙一)登板」に挑む。中日・岩瀬は今年初めてブルペン入りし、捕手を座らせて約20球を投じた。

No image

新球チェンジアップの握りを見せる岩瀬

習得中のチェンジアップも試し「当初は腕を振ってボールが来ないイメージだったが、今は縦変化になって落ちるのでそれを利用したい」と手応えは上々。ワールドウィングの小山裕史代表も「普通のチェンジアップではない。今までになかった魔球」と絶賛した。

球界最年長44歳になる今季は、残り46試合に迫った1000試合登板の記録達成がかかる。ただ「到達すべきところでなく通過すべきところ。勝ちゲームのピースを目指す」と記録ありきのシーズンにするつもりはない。

4日には入団当時、監督だった楽天球団副会長の星野仙一氏が急逝。「あれだけ影響力のある方がなくなるのは寂しい」と恩師の死を悼んだ。1000試合登板の次は星野氏の名前と同じ1001(仙一)試合。野球界の発展を願いながら旅立った恩師のためにも「できるだけ頑張ります」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
球団統合から14年...近鉄OB会存続ピンチ 近年は参加者減少
東大・浜田監督「野球は地頭が良くなるスポーツ」
中居正広、“8大会連続”五輪キャスター就任にファン歓喜!
巨人がマイコラスの“後釜”候補と合意...各球団発表、1月16日の動きは?
由伸巨人の復活Vを阻む「アキレス腱」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加