BMW、ダイムラー、VW、フォード...超急速充電ネットワークの整備で協力

BMW、ダイムラー、VW、フォード...超急速充電ネットワークの整備で協力

  • レスポンス
  • 更新日:2016/11/30
No image

BMWグループ、ダイムラー、フォルクスワーゲングループ(アウディとポルシェを含む)、フォードモーターの4社は11月29日、欧州における超急速充電ネットワークの整備に向けて協力することで合意した、と発表した。

この充電ネットワークは、現行のものを上回り、最大で出力350kWという超急速で充電できるのが特徴。2017年から設置に着手し、欧州のおよそ400か所に、充電ステーションを整備する。

2020年までには、この超急速充電ネットワークを、欧州で数千か所へと拡大させる計画。現行のシステムと比較して、充電時間を大幅に短縮できるという。

自動車4社は、次世代のEVの開発を進めており、順次、市場に投入する方針。新たな超急速充電ネットワークの整備が、EVの長距離走行を可能にし、EVの普及を促進させることにつながると見込む。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
米国の新たな法律により、コードのクルマが2017年に復活
「極ZERO」酒税騒動を振り返る 発泡酒? 第3のビール?
ドローン操れぬ自衛隊の時代遅れ度 「駆けつけ警護」に死角あり
「自動ブレーキ」最下位の車は... 国交省が11車種をテスト
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加