小林稔侍が塀から顔を出し...“家政婦は見た状態”?「不能犯」怪しすぎる場面写真

小林稔侍が塀から顔を出し...“家政婦は見た状態”?「不能犯」怪しすぎる場面写真

  • 映画.com
  • 更新日:2018/01/12
No image

小林稔侍が怪しすぎる! (C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会

松坂桃李沢尻エリカの共演で人気漫画を実写映画化する「不能犯」の新たな場面写真を、映画.comが先行入手した。殺し屋・宇相吹正のターゲットとなる男・鳥森役の小林稔侍の出演シーンを切り取っている。

原作・宮月新氏、作画・神崎裕也氏による人気漫画を、白石晃士監督が映画化。呪いや洗脳などで対象を殺害する男・宇相吹が欲望や憎悪にまみれた者の依頼を受け、事故などに見せかけてターゲットを葬るさまを描く。松坂が目線で人を死に導く宇相吹、沢尻が宇相吹に唯一コントロールされない女刑事・多田友子を演じている。

小林扮する鳥森は、会社員・羽根田(忍成修吾)の恨みを買ったことが原因で、宇相吹に命を狙われる。羽根田の近所に住む鳥森は、羽根田の部屋をのぞき、ゴミ袋の中を見るなど異常な行動を続け、ついに羽根田の妻・桃香にも危険が及ぶ。場面写真は、そんな鳥森の姿をとらえており、塀から顔を出す様子や桃香に詰め寄る姿は怪しさ全開。白石監督は、小林の印象を「『画になる見栄え』が凄まじくて、真の映画俳優さんだなと感じました」と話している。

不能犯」は、ほか新田真剣佑間宮祥太朗菅谷哲也岡崎紗絵真野恵里菜矢田亜希子安田顕らが共演。2月1日から全国で公開される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【映画評】ジオストーム
紳士ブラウンさんが痛恨のミス!『パディントン2』悪口丸聞こえな面会シーン
韓国で最も有名な日本のキャラクターは何だろう?韓国ネットで人気論争が勃発
高橋一生と齊藤工がananの表紙&グラビアで共演、対談も掲載
優香、匂い立つ色気で見せた新境地がすごすぎる!「生々しく伝われば」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加