23日(木) フェーン現象も加わり34°C予想 熱帯夜も 昼夜を問わず熱中症に注意

23日(木) フェーン現象も加わり34°C予想 熱帯夜も 昼夜を問わず熱中症に注意

  • tenki.jp
  • 更新日:2022/06/23
No image

23日(木)の最高気温は、沖縄、九州から近畿、東海、北陸は30℃以上の所が多く、フェーン現象が加わる九州の太平洋側や山陰、北陸では、33℃から34℃くらいまで上がる所がある予想です。九州から近畿、北陸では、夜になっても気温が25℃を下回らない所が多いでしょう。

23日(木) 夏の空気 九州~近畿・東海・北陸は最高気温30℃以上

No image

きょう23日(木)は、本州付近の梅雨前線は、活動が弱まるでしょう。太平洋高気圧の縁を回って、本州付近に南西から暖かく湿った空気が流れ込みます。今シーズン初めての夏の空気です。

沖縄、九州から東海、北陸を中心に、日差しが照り付ける見込みです。ただ、局地的に雨や雷雨があるでしょう。九州では激しい雨が降る所もある見込みです。関東や東北は雲が広がり、雨が降る所があるでしょう。北海道は雲に覆われて、昼頃から雨が降る時間がある見込みです。

最高気温は、沖縄は32℃から33℃くらいでしょう。沖縄本島地方、八重山地方、奄美地方では、熱中症の危険性が極めて高い気象状況になることが予測され、熱中症警戒アラートが発表されています。外出はなるべく避け、室内をエアコン等で涼しい環境にして過ごしてください。特別の場合以外は、運動は行わないようにしてください。特別の場合とは、医師、看護師、熱中症の対応について知識があり一次救命処置が実施できる者のいずれかを常駐させ、救護所の設置、及び救急搬送体制の対策を講じた場合、涼しい屋内で運動する場合等のことです。身近な場所での暑さ指数を確認していただき、熱中症予防のための行動をとってください。

九州から東海、北陸は30℃から32℃くらいの所が多く、真夏並みになる所もある予想です。特に、山越えの風が吹き降りて気温が上がるフェーン現象が加わる地域では、気温の上がり方が顕著でしょう。九州の太平洋側や山陰、北陸では、33℃から34℃くらいまで上がる所がある予想です。

関東は25℃前後で、きのう22日(水)より低くなるでしょう。湿度は高めで、ムシムシと感じられそうです。東北は太平洋側は23℃前後、日本海側は27℃前後でしょう。蒸し暑く感じられる所もありそうです。北海道は17℃から18℃くらいの所が多い見込みです。

沖縄・九州~近畿・北陸 夜になっても25℃を下回らない予想

沖縄、九州から近畿、北陸では、夜になっても、気温が25℃を下回らない所が多いでしょう。夜でも、エアコンを使用するなど、熱中症対策が必要です。

熱中症を引き起こす条件

No image

熱中症は、誰でも発症するおそれがあり、引き起こす条件は、大きく3つ挙げられます。

1つめは「環境による条件」です。その日の気温が高いだけでなく、急に暑くなった日や、熱波の襲来も危険です。また、湿度が高い、風が弱い、日差しが強いといった気象条件も、熱中症を引き起こします。締め切った室内や、エアコンがない所といった環境も、熱中症には特に注意が必要です。

2つめは「体による条件」です。高齢者や乳幼児、体に障害がある方は、周りの方が特に気をつけてあげてください。肥満や持病(糖尿病、心臓病、精神疾患など)のある方も、熱中症にかかるリスクが高まります。低栄養状態、脱水状態の方は、体にこもった熱を、効率良く体の外へ逃がせなくなるおそれがあります。二日酔いや寝不足などの体調不良でも、熱中症にかかりやすくなってしまいますので、ご注意ください。

3つめは「行動による条件」です。激しい運動をしたり、慣れない運動をしたりすると、体内で熱が発生しますが、その熱が体の中にこもったままだと、熱中症にかかりやすくなります。長い時間の屋外作業や、水分補給がしにくい状況も、熱中症を引き起こす原因になりますので、十分お気を付けください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加