CentOS 8とバイナリ互換の「MIRACLE LINUX 8.4」、IaaS「さくらのクラウド」で利用可能に

CentOS 8とバイナリ互換の「MIRACLE LINUX 8.4」、IaaS「さくらのクラウド」で利用可能に

  • クラウド Watch
  • 更新日:2021/10/14

さくらインターネット株式会社とサイバートラスト株式会社は14日、さくらインターネットのIaaS型クラウドサービス「さくらのクラウド」において、CentOS 8とバイナリ互換を維持したサイバートラストのLinux OS「MIRACLE LINUX 8.4」を提供開始すると発表した。

CentOSは、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)の代表的なクローンとして広く利用されているが、開発元のCentOS Projectより、CentOS Linux 8のメンテナンスが2021年末に終了すると発表されており、2022年以降はセキュリティ修正などを受けられなくなる。このためCentOS 8の利用企業では、これまでのノウハウを活用し、CentOSのメンテナンス終了後も安定的に継続して利用できるLinuxディストリビューションの選定に迫られている状況だ。

こうした中でサイバートラストは、Red Hat Enterprise Linux(RHEL) 8.4をベースに開発され、CentOS 8とのバイナリ互換を維持している国産Linux OS「MIRACLE LINUX 8.4」を10月4日に提供開始するとともに、従来は有料だったOSのライセンスを無料とした。

さくらインターネットでは今回、サーバーやストレージなどのさまざまなサービスが利用できるIaaS「さくらのクラウド」において、このMIRACLE LINUX 8.4の提供を開始する。これにより、国内リージョンを複数展開するさくらのクラウド上で、サイバートラストが国内でサポート体制を組むOSを動作可能になるため、国内で運用を完結させたい企業のニーズに応えられるとのことだ。

また両社では、この取り組みの中で、CentOSの最新動向や移行方法、また移行の注意点などを解説するオンラインセミナーも開催し、企業への情報提供も行っていくとした。初回のセミナー「どうなる?! CentOSの移行先 ~MIRACLE LINUX編 各種OSと移行ツールの比較~」は、10月22日に開催される。同セミナーの参加費用は無料(事前登録制)。

No image

石井 一志

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加