iOS 14正式版がダウンロード可能に

iOS 14正式版がダウンロード可能に

  • TechCrunch
  • 更新日:2020/09/17
No image

Apple(アップル)はiPhoneの最新バージョンOSであるiOS 14を公開した。ダウンロードは無料でiPhone 6s以降、両世代のiPhone SE、およびiPod touchの最新モデルで利用できる。iOS 13が動作していルデバイスならiOS 14に対応している。今すぐダウンロードできるかどうかには個人差はあるが、すでにアップデートを受け取っている人たちがいるのでチェックしてみてほしい。

同社はiPad、Apple Watch、およびApple TVでも主要アップデートを本日公開したのでiPadOS 14、tvOS 14、およびwatchOS 7の新機能も利用可能になる。

今回のアップデート公開は多くのデベロッパーを驚かせた(未訳記事)。アップルは米国時間9月15日、iOS 14を16日のプライムタイムに公開すると発表した。通常同社は公開の1週間か2週間前にアナウンスする。そうすることで、デベロッパーは最後に残っていたバグを修正してアップデートをApp Storeに提出する時間を確保できる。

すでにiPhoneをアップデートした人は、サードパーティーアプリのあちこちにバグがあっても驚かないでほしい。見えないところに大きな変更があり、これほど急に公開されるとは誰も思っていなかったからだ。

アップデートはすでに配信中で、設定アプリからWi-Fi経由でも、iTunesと有線でつないでもどちらでも可能。ただしまず、iPhoneのバックアップを取ること。iCloudのバックアップが最新かどうかを、iPhoneやiPadの設定アプリのトップにある自分のアカウント情報を開き、デバイス名をタップして確認できる。iOSデバイスをパソコンにつないでiTunesでバックアップすることもできる。両方でバックアップすることも可能だ。

iTunesのバックアップを暗号化するのを忘れないように。誰かにコンピューターをハックされたとき、ずっと安全だ。しかも暗号化されたバックアップには、パスワードとヘルスデータも入っているので、オンラインのさまざまなアカウントを再設定する必要がない。

バックアップが終わったら設定アプリを開き、「一般 」→「ソフトウェアアップデート」へと進む。「アップデートを要求」が出ているはずだ。ダウンロードが可能になれば自動的に開始される。

iOS 14で最も大きい変更は、ホーム画面のウィジェット、全アプリを一覧できるAppライブラリー、そしてミニアプリのApp Clipだ。App Clipはアプリのごく一部の機能を実行できるもので、一切インストールせずに使える。

ほかにも多くの改善があり、「メッセージアプリ」にはグループ機能や@メンションとリプライ、デバイス上で動作する翻訳アプリ、Appleマップの一部で使える自転車用行き先案内、ノート、リマインダー、天気、ホームなどにもさまざまな改善が加えられている。

画像クレジット:Apple

関連記事:iOS 14 gets rid of the app grid to help you find the app you’re looking for

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook )

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加