県岐阜商コロナ集団感染に大会本部「何とか出場の道を」 甲子園開幕前日に緊急事態

県岐阜商コロナ集団感染に大会本部「何とか出場の道を」 甲子園開幕前日に緊急事態

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/08/06
No image

複数人が体調不良のため、選手が開会式リハーサルを欠席した県岐阜商

第104回全国高校野球選手権大会の大会本部は5日、緊急対策本部の会議を開き、県岐阜商(岐阜)を新型コロナウイルスの集団感染と判断したと発表した。6日の開会式は欠席する。大会本部はオンラインで会見し、大会出場については感染状況を判断している段階のため未定とし、出場の道を模索中だと発表した。また、複数選手の体調不良が判明した九州国際大付(福岡)も開会式を欠席する。

またしても、新型コロナウイルスによって高校球児の夢が奪われるかもしれない。集団感染と判断された県岐阜商。大会本部は「何とか出場の道を探れないかと第一に考えています。療養期間をまず終えることが優先される」と出場できる可能性を模索する考えを示した。

県岐阜商は、大阪市内で行われた3日の組み合わせ抽選会後に体調不良者が発覚。4日にも複数人の体調不良者が出たため、緊急対策本部によってこの日、集団感染と判断された。

社(兵庫)との1回戦は9日の大会第4日第4試合に予定されている。抽選会を終えているため、大幅な日程変更はできない。会見した山本秀明高校野球総合センター長は「いつになったら回復できるのか、療養期間が示されていないため、現時点では日程変更は具体的な検討に入ることができません。そうしたことも含めて、どうしたらいいか、どういう手があるか検討していきたい」と語った。

また、現行規定では集団感染ではなく個別の事案と判断された場合のみメンバー変更が可能だが、大会本部は柔軟に対応できないか検討する方針。一方で試合に出場できる状況でないとなれば最悪の場合、辞退の可能性もある。

今大会もコロナ禍により、苦境に立たされている球児たち。悔いの残らない結果にするためにも、最善の策を探っていく。

◆第104回大会の新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン要旨

・緊急対策本部がチーム内での集団感染ではなく個別の事案と判断した場合、当該選手を入れ替えるなどの対応をすることとし、代表校の大会参加を差し止めることはしない。

・緊急対策本部がチーム内での集団感染と判断した場合、感染陽性時期を確認し、試合日程の変更で対応できる場合は、当該試合の日程を変更することもある。日程変更でも対応できず、大会出場ができなくなった場合、代表校の差し替えなどはしない。

・大会前、大会中に感染者、感染が疑われる者が発生した場合の選手登録変更は、当該校の試合開始2時間前まで変更可とする。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加