大谷翔平、劇的15号で偶然こなしていた“最高のPR”をネット発見「完璧な神っぷり」

大谷翔平、劇的15号で偶然こなしていた“最高のPR”をネット発見「完璧な神っぷり」

  • THE ANSWER
  • 更新日:2022/06/23
No image

9回に15号3ランを放ち、打球を見つめるエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ロイヤルズ戦の15号が飛んで行った先には…

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、本拠地ロイヤルズ戦に「3番・DH」で先発出場。2本塁打を含む4打数3安打8打点と大爆発した。敗戦目前の9回1死一、二塁では、右翼席へ同点15号3ランを放って試合を振り出しに。ツイッター上では、打球が届いた先にあったものに注目する日本人ファンも。「プロモーションまで完璧にこなす神」「デカデカと表示されててワロタ」などと書き込まれていた。

特大弾を放ったその先には“自分自身”がいた。7-10の9回1死一、二塁。大谷はカーブを完璧に捉え、飛距離438フィート(約133.5メートル)の同点15号3ラン。確信の仁王立ちで打球を見送り、味方ベンチに向かって吠えた。

敗戦濃厚の状況から試合を振り出しに戻した劇的な一発だったが、試合を中継した米ロサンゼルスの放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」の実際の映像では、着弾地点付近にあった電子広告が映し出されていた。6月24日の試合で来場者プレゼントされる、大谷のスノードームだ。偶然にも、最高の形でのPRとなった。

ツイッター上の日本人ファンもこの広告に反応。「ホームランボールが入る先にも、ちょうど大谷さんが映ってるのもなんかすごい」「スノードームのプロモーションまで完璧にこなす神っぷり」「スノードームの宣伝広告デカデカと表示されててワロタ」「大谷さんのスノードームみたいなやついいな、ほしい」「大谷の看板(?)の左の隙間にボールが飛んだ」などと投稿していた。

6回の14号3ラン、犠牲フライ2本を含めてこの日はキャリアハイの8打点の大活躍だった大谷。しかし投壊のエンゼルスは延長11回の熱戦を11-12で落としている。

(THE ANSWER編集部)

THE ANSWER編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加