「団栗」=「だんくり」...?読めそうで読めない《難読漢字》4選

「団栗」=「だんくり」...?読めそうで読めない《難読漢字》4選

  • lamire
  • 更新日:2021/02/21

みなさんは、「団栗」の読み方がわかりますか?読めそうなのになかなか…という漢字は数多くあると思います。そこで今回は、読めそうで読めない難読漢字を、植物の名前の中からピックアップしてみました♪あなたには何個読めるか、挑戦してみてください!

(1)「団栗」

「団栗」の読み方は、「どんぐり」と読むのが正解です!ブナ科の植物になる果実の俗の言い方で、みなさんも小さい頃から馴染み深いものではないでしょうか。硬くて小さいことから種だと思われることがありますが、実はあれは果実であって種ではないんです。生のまま食べたり炒めて食べたりと、食用としても利用されている「団栗(どんぐり)」は、詩に使われたり工芸品に使われたりと、いろんなシーンで身の回りの近いところにある植物ですね。

(2)「仙人掌」

「仙人掌」の読み方は、「さぼてん」と読むのが正解です!観葉植物として人気のある植物で、100均などで手軽に手に入れることもできます。「しゃぼてん」と読まれることもあり、「覇王樹」というもうひとつの漢字表記もあります。サボテン科に属する植物の総称で、その多くが多肉性のものになっています。このことから、サボテン科以外の多肉性の植物を「仙人掌(さぼてん)」と呼ぶことがありますが、正確にはそれは間違いなんです。

(3)「菫」

「菫」の読み方は、「すみれ」と読むのが正解です!春に花を咲かせる植物で、深い紫色の花びらが特徴です。「菫(すみれ)」の花びらが紫色であることから、紫色のことを「菫色(すみれいろ)」と表現されることもあります♪「菫(すみれ)」は山菜として食べることもでき、花と葉の部分はそれぞれ食用利用されています。葉は天ぷらや和え物、おひたしとして食べられ、花の部分は椀ダネにされます。

(4)「百日紅」

「百日紅」の読み方は、「さるすべり」と読むのが正解です!紅色や白色の花を咲かせる木の名前です。「百日紅」は「ヒャクジツコウ」と読むこともでき、夏の長い間咲き続けることがその由来となっています。また、「さるすべり」には「猿滑」という漢字表記もあり、ツルツルした樹皮は猿でも滑ってしまいそうだということから、「猿滑(さるすべり)」という名前がつけられたとされています。

読める漢字はありましたか?

日本人にとっても難読な漢字は数多くありますが、その中でも名詞になると一段と難易度が上がりますよね。知らなかった漢字も、知っているけど読めなかった…という漢字も、これを機会に覚えてみてくださいね。

▶合わせて読みたい

【難読漢字クイズ】読めそうで読めない漢字、いくつ読める?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加