斎藤工&板谷由夏『キャラクター』などイチオシ映画談

斎藤工&板谷由夏『キャラクター』などイチオシ映画談

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/06/10

(C)WOWOW

最新の劇場公開作品から今回ピックアップされたのは、『Mr.ノーバディ』『青葉家のテーブル』『逃げた女』『キャラクター』『RUN/ラン』の5本。

斎藤工が、映画館に設けてある空席(ソーシャルディスタンス確保用)を広告として取り扱う試みについて語る!

「はみだし映画工房」とは……WOWOWシネマで放送中の映画情報番組「映画工房」とシネマトゥデイとのコラボ企画。無類の映画好きの斎藤工と板谷由夏、そして映画解説者の中井圭が、最新の劇場公開作品について毎回ゆるいトークを繰り広げます。

“はみだし”ていない方、毎週金曜放送中「映画工房」本編はWOWOWホームページで配信中!

6月中下旬のイチオシ作品はコレ!

『Mr.ノーバディ』6月11日公開

家庭にも職場にも居場所のない平凡な中年男の覚醒を描いたアクション。ある出来事をきっかけにロシアンマフィアとの激闘に巻き込まれていく主人公を、ドラマシリーズ「ベター・コール・ソウル」などのボブ・オデンカークが演じる。【⇒作品情報はこちら】

『青葉家のテーブル』6月18日公開

ECサイト「北欧、暮らしの道具店」がYouTubeで配信する短編ドラマシリーズの劇場版。息子、友人、その彼氏と共同生活を送るシングルマザーの家に、旧友の娘が居候にくる。【⇒作品情報はこちら】

『逃げた女』6月11日公開

3人のアンヌ』『それから』などで知られる韓国のホン・サンス監督による人間ドラマ。結婚後一日も離れたことのなかった夫が出張となり、初めて一人で過ごすことになった女性が、知人との再会によって揺れ動く。【⇒作品情報はこちら】

『キャラクター』6月11日公開

アルキメデスの大戦』などの菅田将暉と、バンド「SEKAI NO OWARI」のメンバーで本作が俳優デビューとなるFukaseが共演するサスペンス。悪を描けない漫画家が、偶然目撃した猟奇的な殺人犯を参考に漫画のキャラクターを生み出すも、それにより人生を翻弄(ほんろう)される。【⇒作品情報はこちら】

『RUN/ラン』6月18日公開

娘を溺愛する母親の愛情が狂気へと変貌するサイコスリラー。生まれながらの病気で車椅子生活を余儀なくされている娘と、彼女に病的な愛情を注ぐ母親の危うい関係を描く。【⇒作品情報はこちら】

【シネマトゥデイ厳選8作品はこちら!】
『キャラクター』(6月11日公開)
『名も無い日』(6月11日公開)
『逃げた女』(6月11日公開)
『Mr.ノーバディ』(6月11日公開)
『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(6月18日公開)
『モータルコンバット』(6月18日公開)
『青葉家のテーブル』(6月18日公開)
『RUN/ラン』(6月18日公開)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加