選手権の大会優秀選手39人が選んだスパイク【MF・FW編】

選手権の大会優秀選手39人が選んだスパイク【MF・FW編】

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/01/12
No image
No image

↑クリックしてクーポンGET↑

全国高体連サッカー部技術委員会は11日、第99回全国高校サッカー選手権決勝終了後に同大会の優秀選手39人を発表した。

選出された39名の着用スパイクを紹介する。

●関連記事:選手権の大会優秀選手39人が選んだスパイク【GK・DF編】

MF

大会優秀選手に選ばれたMFは16人。着用スパイクメーカー内訳はナイキ4人、ミズノ3人、アディダス、アシックス、ニューバランス、アスレタが2人、プーマ1人となった。傾向として見られたのが約6割の9人が天然皮革のアッパーを選んだ点だ。柔らかならアッパーでボールタッチを重視しているのがわかる。さらにモデル別で言えば、松木玖生(青森山田)、谷口航大(山梨学院)、青木俊輔(東福岡)の3人が着用したナイキ『ファントムGT』が最も多く履かれた。このスパイクはアッパーは天然皮革ではないが、フライニットが採用されアッパーは柔らかく、表面にはテクスチャーが施されており、ボールコントロールにも大きく貢献する作りになっている。より正確なボールコントロールが求められる中盤の選手たちが重視するのがボールタッチである傾向が見られた。

宇野禅斗(青森山田2年)

アディダス『コパ 20.1』

安斎颯馬(青森山田3年)

ミズノ『モレリア2』

松木玖生(青森山田2年)

ナイキ『ファントムGT』

大畑凜生(矢板中央2年)

→ミズノ『レビュラ3』

荒井悠汰(昌平1年)

ニューバランス『442 PRO』

須藤直輝(昌平3年)

ニューバランス『フューロン V6 PRO』

谷口航大(山梨学院2年)

ナイキ『ファントムGT』※スコーピオンモデル着用

新井爽太(山梨学院3年)

アシックス『DSライト X-FLY4』

川上航立(帝京長岡3年)

アスレタ『オーヘイ T006』

廣井蘭人(帝京長岡1年)

アスレタ『オーヘイ T006』

鈴木淳之介(帝京大可児2年)

→アシックス『DSライト3』

小宅空大(帝京大可児3年)

アディダス『ネメシス 19.1』

松井治輝(神戸弘陵3年)

ミズノ『モレリア2』

青木俊輔(東福岡3年)

ナイキ『ファントムGT』

吉田陣平(佐賀東2年)

ナイキ『マーキュリアル ヴェイパー 13』※ネイマール・シグネチャーモデル着用

永吉飛翔(神村学園3年)

プーマ『フューチャー 6.1』

FW

FWは7人が選出された。内訳はナイキ3人、プーマ2人、アシックス1人、アスレタ1人。傾向としては見られるのは、軽量性が特徴のスパイクが多いことだ。現在、販売されているモデルで最も軽いスパイクが福田師王(神村学園)が履いたプーマ『ウルトラ 1.1』だ。片足約160g(27.0cm、FG/AGモデル)と圧倒的な軽さを生み出した。また、久保壮輝(山梨学院)、木原励(京都橘)が着用したナイキ『マーキュリアル ヴェイパー 13』も片足約185g(27.0cm、FGモデル)と軽さが特徴のスパイクだ。

野田武瑠(山梨学院3年)

アシックス『DSライト アクロス』

久保壮輝(山梨学院3年)

ナイキ『マーキュリアル ヴェイパー 13』※カスタムカラー着用

酒匂駿太(帝京長岡3年)

ナイキ『ファントムヴェノム』

葛岡孝大(帝京長岡3年)

アスレタ『オーヘイ T006』

木原励(京都橘2年)

ナイキ『マーキュリアル ヴェイパー 13』

崎山友太(米子北3年)

→プーマ『プーマワン 20.1』

福田師王(神村学園1年)

プーマ『ウルトラ 1.1』

全体ではナイキ、プーマが上位に

39人全体のメーカー内訳は、ナイキ13人、プーマ7人、ミズノ、アシックスが5人、アディダス、ニューバランス、アスレタが3人だった。

モデル別では、ナイキ『マーキュリアル ヴェイパー 13』が6人で最も着用されており、次いでプーマ『フューチャー 6.1』ナイキ『ファントムGT』アスレタ『オーヘイ T006』の3モデルが3人着用されていた。

No image

↑クリックして今すぐスパイク診断↑

●スパイク専門オンラインストア

『ゲキサカFC STORE』

●【特設】高校選手権2020

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加