【レビュー】MagSafe充電器開封~iPhone旧機種でもワイヤレス充電可能

【レビュー】MagSafe充電器開封~iPhone旧機種でもワイヤレス充電可能

  • iPhone Mania
  • 更新日:2020/10/19
No image

10月16日よりApple Storeなどでの注文受付が始まったMagSafe充電器が、筆者のもとにも18日夜に届きました。iPhone12シリーズが対応機種ですが、iPhone11シリーズ以前の機種でも、Qi(チー)規格のワイヤレス充電に対応していればワイヤレス充電器として利用可能です。

20W USB-C電源アダプタは同梱されていない

MagSafe充電器は、iPhoneの背面にピタッとくっつけてワイヤレス充電できる新製品です。Qi規格との互換性もあり、iPhone8以降のiPhoneや、ワイヤレス充電対応AirPodsなどQi対応機種であれば、ワイヤレス充電器として利用できます。iPhone12やiPhone12 Proでは最大15Wでの充電が可能ですが、Qiワイヤレス充電の場合は最大7.5Wです。

MagSafe充電器を開封してみます。製品パッケージは手のひらに収まるコンパクトなサイズです。

No image

裏面には製品名のほか、USB-C端子であることと、別売りの20W USB-C電源アダプタが必要であるイラストが描かれています。

No image
No image

同梱物はMagSafe充電器と説明書のみのシンプルな構成です。

No image

USB-Cケーブルの長さは1メートルで、MagSafe充電器本体と一体型になっています。

No image
No image

Apple Watch用充電器と比べてみると、4個分ほどのサイズです。

No image

厚みはApple Watch用充電器の半分ほどのようです。

No image

ワイヤレス充電対応のiPhone旧機種でも利用可能

No image

筆者はiPhone12 Proを注文済みですが、現在利用しているのはワイヤレス充電対応のiPhone11 Pro Maxです。MagSafeが利用できるか試してみました。

iPhone11 Pro Max背面のワイヤレス充電器と接続する部分に、確かにMagSafe充電器は磁力でくっつきました。しかし磁力が弱く、本体を逆さにすると重みではずれてしまいました。

従来のQiワイヤレス充電器のように使えます。磁力は強くないですが、少し本体に手などが当たってもずれなかったため、iPhone8~iPhone11でもワイヤレス充電器として使うことはできそうです。

Apple Storeでは税別4,500円(税込み4,950円)で販売されており、本稿執筆時点での配送予定日は、iPhone12 mini/12 Pro Maxの発売時期と重なる11月11日(水)~11月18日(水)となっています。

iPhone12シリーズは、iPhone12/iPhone12 Proが10月23日(金)に、iPhone12 mini/iPhone12 Pro Maxが11月13日(金)に発売されます。iPhone12 mini/Pro Maxの予約受付が始まる11月6日(金)前後から、MagSafe充電器の注文が増加し出荷日案内が延びる可能性がありますので、購入を検討されている方は早めに注文したほうが良さそうです。

(asm)

あわせて読みたいiPhone12シリーズ 関連特集

【総力特集】iPhone12の料金、性能を徹底比較!

【速攻予約】iPhone12を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加