LIGHTERS、今泉力哉×城定秀夫によるコラボ企画 L/R15『猫は逃げた』の映画主題歌に プレビュー上映やミニライブも

LIGHTERS、今泉力哉×城定秀夫によるコラボ企画 L/R15『猫は逃げた』の映画主題歌に プレビュー上映やミニライブも

  • SPICE
  • 更新日:2021/10/14
No image

2022年3月18日(金)に公開される、今泉力哉×城定秀夫による異色のコラボレーション企画 L/R15『猫は逃げた』の主題歌がLIGHTERSの「don’t cry」に決定した。

『愛がなんだ』や『街の上で』などを手掛けた今泉力哉監督と、Vシネマ・ピンク映画界のトップランナーにして2020年は『性の劇薬』『アルプススタンドのはしの方』が連続ヒットとなった城定秀夫監督がお互いの脚本を提供しあってR15+のラブストーリー2本を制作。“L/R15”は異色のコラボレーションによる新たなプログラムピクチャーとなっている。

監督:城定秀夫、脚本:今泉力哉によるL/R15のL=『愛なのに』は、古本屋の店主と、店主にプロポーズする女子高生、店主の憧れの女性など、一方通行の恋愛が交差し二転三転する先の読めないラブコメディ。監督:今泉力哉、脚本:城定秀夫によるL/R15のR=『猫は逃げた』は、飼い猫”カンタ”をどちらが引き取るかで揉める離婚直前の夫婦とそれぞれの恋人の話が描かれている。1匹の猫と愚かで不器用な4人の男女が繰り広げる異色の恋愛狂騒劇。

No image

『猫は逃げた』  (C)2021『猫は逃げた』フィルムパートナーズ

先日解禁となった、みらんが歌う『愛なのに』主題歌「低い飛行機」に続き、『猫は逃げた』の主題歌がLIGHTERSの「don’t cry」に決定した。LIGHTERSは、東京を拠点とし、正式メンバーのRumi Nagasawa(Vo/Gt)とEmi Sakuma(Ba/Cho)にサポートメンバーを迎えるかたちで活動するスリーピースバンド。今回のニュースに合わせ、2人からコメントが到着した。

また、11月13日(土)〜21日(日)まで開催される『第31回映画祭TAMA CINEMA FORUM』にて、『愛なのに』『猫は逃げた』のプレビュー上映も決定。11月14日(日)各作品の上映後には、城定秀夫監督と今泉力哉監督によるアフタートークのほか、みらんとLIGHTERSのミニライブも実施するという。

LIGHTERS コメント

エンドロールで映画を思い出しながら、胸がいっぱいになったり、深読みしすぎてしまったり、居心地の悪さに戸惑ったりするあの時間は、かけがえのない時間だと思います。「猫は逃げた」。日常の中でふと思い出してしまう匂いや情景たちが、私たちの音楽でさらにいとおしい作品になったらいいなという思いを込めて書き下ろしました。誰かの日常の中で、柔らかい陽が差し込んでくれたら嬉しいです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加