藤井聡太王位が19歳初星!豊島竜王に初2連勝、防衛へ前進

藤井聡太王位が19歳初星!豊島竜王に初2連勝、防衛へ前進

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/07/22
No image

豊島将之竜王に勝利した藤井聡太王位(日本将棋連盟提供)

将棋の藤井聡太王位(19=棋聖との二冠)が、豊島将之竜王(31=叡王との二冠)の挑戦を受ける第62期王位戦七番勝負第3局2日目が22日、兵庫県神戸市の有馬温泉「中の坊瑞苑」で指され、117手で藤井王位が勝利。19歳初陣を白星で飾った。これでシリーズ2連勝を収め、成績を2勝1敗にした。

藤井王位は先手での角換わり選択に「公式戦は久しぶりだったんですけど指してみようと」と得意戦法で勝負を仕掛けた。2日目に入って自玉を堅陣にし、攻めに集中する展開に。最後は両側から挟撃する形で、守りの薄い相手玉を追い込んだ。「(序盤は)組み方が非常に難しくて自信がなかったんですけど、(終盤は)攻めがつながってきた感じがしました」と振り返った。

これで天敵相手に10戦目で初の2連勝。25日には豊島竜王に挑む叡王戦が開幕するが、王位戦第4局は8月18、19日で、2日制の豊島竜王戦は1カ月近くお休み。「間が空くので、しっかり準備して臨めればと思います」と意気込んだ。

兵庫県尼崎市在住で“地元”対局の豊島竜王は2連敗。「どうやっても悪いので、考えているうちに1番粘れない順を選んでしまった。間が空くので他の対局を一生懸命頑張って準備をしたい」と次戦を見据えた。

2人の勝負メシは藤井王位が「冷やしうどん膳」、豊島竜王が「神戸牛肉うどん膳(天ぷらなし)」だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加