「巨大ホンダ車」が悪路を疾走! 跳ねた!? “爆速リッジライン”がバハ1000で2連覇達成

「巨大ホンダ車」が悪路を疾走! 跳ねた!? “爆速リッジライン”がバハ1000で2連覇達成

  • くるまのニュース
  • 更新日:2022/11/25

2位に大差をつけてゴール

米国ホンダは、オフロードレース「バハ1000」2022年大会に参戦したホンダ「リッジライン」(Honda Ridgeline Baja Race Truck)が、クラス7において優勝を果たしたと2022年11月22日に発表。

これにより、リッジラインはバハ1000においてクラス2連覇を達成しました。

No image

バハ1000(2022年大会)に参戦したホンダ「リッジライン」がクラス優勝!

【画像】巨大ホンダ車が大ジャンプ!? 悪路を疾走するホンダ「リッジライン」の姿とは(24枚)

バハ1000は、メキシコのバハ・カリフォルニア半島で11月に開催される過酷なオフロードレースです。参戦マシンは未舗装路を突っ走り、時にはジャンプもして約1000マイル(約1609km)という長距離を走りきります。

2022年大会でHonda Off-Road Racing Teamから出走したリッジラインは、21時間42分56秒のタイムでフィニッシュ。2位に5時間以上の差をつけてゴールしました。

チームオーナーのジェフ・プロクター氏は、今年のレースについて次のようにコメントしています。

「バハはいつもエキサイティングで、2022年大会も例外ではなくタフなレースでした。多くの消耗品があり、多くのライバルが壊れていました。

想像できる限りのあらゆる要素がありましたが、リッジラインはとてもタフで、すべてを乗り越えてフィニッシュまでたどり着くことができました」

※ ※ ※

リッジラインは、ホンダが北米市場で展開するピックアップトラックです。全長は約5.3mで、米国ホンダがラインナップする車種のなかでも最大規模となります。

バハ1000に参戦したリッジラインはオフロードレース用の競技車両となるものの、搭載される3.5リッターV型6気筒エンジンのベースは、市販モデルのリッジラインに搭載されるエンジンを採用しているということです。

くるまのニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加