【日本代表】大久保嘉人氏、前線からのプレスに「今のところ完璧」攻撃課題は「セットプレー」

【日本代表】大久保嘉人氏、前線からのプレスに「今のところ完璧」攻撃課題は「セットプレー」

  • 日刊スポーツ(サッカー)
  • 更新日:2022/09/24
No image

日本対米国 前半、先制ゴールを決めた鎌田(中央)を祝福する久保ら(同右)(撮影・パオロ ヌッチ)

<国際親善試合・キリンチャレンジ杯:日本-米国>◇23日◇デュッセルドルフ

日本(FIFAランク24位)と米国(FIFAランク同14位)との国際親善試合は、フジテレビ系で生中継され、同局のワールドカップ(W杯)スペシャルナビゲーター、元日本代表FW大久保嘉人氏(40)が解説として出演。

日本は、1トップにはFW前田大然(24=セルティック)、2列目の左にはMF伊東純也(29=スタッド・ランス)が入り、2人のスピードスターが前線から速い寄せでプレスをかけた。

大久保氏は2人の、守備の“スイッチ”を入れる動きに「前からのプレスがはまっている。アメリカのDFは嫌がっている。今のところ完璧じゃないですか」と太鼓判。

しかしCKとFK、セットプレーから得点が生まれていないことに言及し「セットプレーはカギをにぎる。予選では(得点が)取れていないけど、本番までに取れるようになってほしい」とセットプレーの向上を課題に挙げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加