橋本環奈“またホラー映画”主演にファンがっかり? 中田秀夫監督とタッグも...

橋本環奈“またホラー映画”主演にファンがっかり? 中田秀夫監督とタッグも...

  • まいじつ
  • 更新日:2023/01/25
No image

橋本環奈 (C)まいじつ

俳優・橋本環奈と『ジャニーズWEST』重岡大毅がW主演するホラー映画『禁じられた遊び』が、9月8日に公開決定。

キャスティングを巡り、ネット上にはさまざまな声が上がっている。

同映画は、小説新人賞『本のサナギ賞』で大賞を受賞した、作家・清水カルマのホラー小説を原作としたもの。

【関連】『日本アカデミー賞』ジャニ率の高さが異常…「日本で一番信用できない映画賞」ほか

主人公・伊原直人(重岡)は、妻・美雪とマイホームを購入し、息子・春翔とともに満ち足りた生活を送る。

しかしある時、美雪を不慮の事故で亡くしてしまう。そこから、春翔は自宅の庭の盛り土に奇妙な呪文を唱えるようになる。

直人の元同僚・倉沢比呂子(橋本)はある日、そんな姿を目撃してしまい、予期せぬ現象に巻き込まれる…といったストーリーだ。

監督を務めるのは、『リング』をはじめ多くのヒット作を手掛け、日本ホラー映画界を牽引してきた中田秀夫監督。橋本は昨年公開の映画『カラダ探し』に続き、またもホラー映画で主演することとなる。

ヒットメーカーである中田監督の作品とあって期待は大だが、橋本のファンの中には「またホラー映画か…」とイチャモンをつける人も…。

ネット上には

《予告で真っ白い腕がガッ!と出てくるシーン見て「あ、怖くなさそう」ってなった》《橋本さん似たような映画ばかりに出てない?》《ハシカン最近似たような映画ばっかやってるね 実写化コメディー、ホラー…食い付かんよね》《ハシカンはホラーと漫画実写化の専属俳優にでもなったん?》《この手の映画ばかり出て女優さんとしてのレベルは上がることないんだろうな》

といった反応が見られる。

『禁じられた遊び』は傑作なるか?

「数々の映画に出演してきた橋本ですが、『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』『午前0時、キスしに来てよ』『今日から俺は!! 劇場版』など、漫画の実写化やコメディーばかり。ドラマ性のある重厚な作品はほとんどありません。

そのため、ホラー映画である今回の『禁じられた遊び』主演で〝また正統派な作品じゃない〟と感じた人がいたようです」(芸能ライター)

だが、これはとんでもない偏見だとも…。

「実際にイチャモンをつけている人々は〝ホラー=B級〟という先入観に染まっているだけ。賛否ありながらも中田監督は、日本が認めるホラー界の巨匠だし、同作も誰もが認めるホラー邦画史に残る傑作認定される可能性だって低くない。

18年の『スマホを落としただけなのに』は、『登場人物がみんな暗証番号を誕生日にしている』というツッコミどころがあったが、20年の『事故物件 怖い間取り』は21世紀のホラー邦画興行収入No.1という金字塔を打ち立てました。

橋本だって昨年の『第73回NHK紅白歌合戦』司会に抜擢されるほど大物になったワケだし、『禁じられた遊び』の公開前から駄作だと決めつけるのは早計というものでしょう」(映画ライター)

1億総評論家時代と言われるSNS社会。匿名で石を投げることは簡単だ。

橋本と重岡がアンチを唸らせる演技を見せてくれることを期待しよう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加