知ってる?HRM、FMEA、CI、IMC、ビジネスでよく使われるキーワードの正しい意味

知ってる?HRM、FMEA、CI、IMC、ビジネスでよく使われるキーワードの正しい意味

  • @DIME
  • 更新日:2021/05/04
No image

@DIME記事の中から4本を厳選して紹介。

人事や経営の世界で使われる「HRM」とはどんな意味?

No image

人事管理手法の一つとして日本でも多くの企業が取り入れている、「HRM」。見聞きはしたことがあるものの、具体的な内容まで理解している人は少ないかもしれない。 そこで本記事では、HRMの意味を基本的な部分から解説する。他の人事管理手法との違いを意識しつつ、基礎的な概念を理解しておこう。

【参考】https://dime.jp/genre/1100446/

製造業界で使われる専門用語「FMEA」とはどんな意味?

No image

製造業の世界では一般的に用いられている「FMEA」という言葉。"リスク管理"の手法の一つで、この考え方は製造業以外の分野でもきっと応用できるはずだ。 そこで本記事では、FMEAの基礎知識と実際の流れをできるだけわかりやすく解説する。製造業の方は改めて正しい意味を、それ以外の方は日々のタスクに応用できないかチェックしてみてほしい。

【参考】https://dime.jp/genre/1099480/

マーケティングや航空業界で使われるキーワード「IMC」とはどんな意味?

マーケティングの代表的な手法で、企業のブランドイメージを高める方法として注目されている「IMC」。ビジネス用語として広告業界などでは定着しているが、耳にしたことはあっても、具体的な意味や方法について説明できないという人も多いのではないだろうか。また、IMCはマーケティング以外の分野ではまったく異なる意味を持っている。 本記事では、ビジネス用語としてのIMCとそれ以外のIMCについて、それぞれどのような意味なのかを解説する。それぞれのシーンで使われる意味をしっかりと理解しておこう。

【参考】https://dime.jp/genre/1088753/

IT業界でよく使われる専門用語「CI」とはどんな意味?

No image

「CI」という言葉を見聞きしたことはあるだろうか。実はこの言葉、大きく2つの異なる意味を持っており会話の中で話が噛み合わない場合は、もしかしたらお互い違う意味のCIを指しているかもしれない。 そこで本記事では、「ビジネス手法としてのCI」と「IT用語としてのCI」の2つの意味をわかりやすく解説する。特にIT企業で勤務している方は、両方の意味の違いをしっかり理解しておきたい。

【参考】https://dime.jp/genre/1094244/

構成/DIME編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加