オリックス山本由伸が快投、自己最多15奪三振 広島森浦が2敗目

オリックス山本由伸が快投、自己最多15奪三振 広島森浦が2敗目

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/11
No image

オリックス対広島 2回、グラブをたたいてベンチに戻るオリックス先発の山本(撮影・前岡正明)

<日本生命セ・パ交流戦:オリックス4-0広島>◇11日◇京セラドーム大阪

序盤は両チームともに無安打無得点。オリックス先発の山本は3回まで広島打線を完全に抑え、2~3回の6者連続を含む7奪三振。

中盤は両チームの投手が、ともに完全投球。広島先発の大道は2四球を出したが、オリックス打線を5回無安打に封じた。

オリックスは7回、3点を奪取。山本は8回先頭鈴木誠に安打を許し完全試合を逃すも、自己最多15奪三振の快投、6勝目をあげた。広島森浦が2敗目。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加