Chubb、ローミングデータで旅行保険に自動加入 パートナーとともに展開

Chubb、ローミングデータで旅行保険に自動加入 パートナーとともに展開

  • Traicy
  • 更新日:2021/06/11
No image

Chubb(チャブ)は、新たな旅行保険「Pay As You Roam」を発表した。

携帯電話のローミングデータによって、利用者が母国を離れていることを識別し、保険に加入する。ローミングを終了し、母国に戻ったことが検出された場合や、最大旅行期間である31日間に達した場合、補償を終了する。加入は、テキストメッセージやアプリ通知で確認でき、4時間以内であれば補償を拒否することもできる。旅行終了後には、保険料の詳細を記載したメールやアプリの通知を受け取ることができる。

銀行やフィンテック、通信業界のパートナーのアプリから事前登録する必要がある。パートナーが携帯電話事業者の場合は携帯電話の請求書、銀行の場合には取引明細書から料金の引き落としが確認できる。

これにより、旅行保険を購入することを簡素化できるとしている。2020年6月から、ブルガリアの大手携帯電話会社であるTelenorが、「SmartTourist」として販売している商品が、「Pay As You Roam」によるものだという。

Chubbは、世界最大級の損害保険会社。54ヶ国・地域で事業を展開し、損害保険や生命保険などを提供している。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加