“離れ家”でも安定した通信ができるWi-Fi中継器 エレコム

“離れ家”でも安定した通信ができるWi-Fi中継器 エレコム

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/10/14
No image

エレコムは10月12日、Wi-Fi 6対応のWi-Fi中継器「WTC-X1800GC-W」を発表した。屋外利用が認められた電波帯域のみで動作する「離れ家モード」を搭載し、母屋とつながっていない離れ家でも安定した通信ができる。店頭予想価格は9,878円。10月中旬より発売する。

TP-Link、12,760円のIPv6 IPoE対応デュアルバンドWi-Fi 6ルータ

家庭用コンセントに直挿しできるコンパクトなWi-Fi中継器。DXアンテナ製のハイパワーアンテナ×2本を内蔵することで、旧モデル「WTC-C1156GC」の約2.5倍パワーアップしている。IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n対応で、伝送速度(理論値)は、5GHz帯で最大1,201Mbps、2.4GHz帯で最大574Mbps。離れでの利用が認められた電波帯域のみで動作する「離れ家モード」を搭載する。

通信機能は、快適な帯域を自動で選択/接続するバンドステアリング機能、集中して電波を送信して離れた場所でも快適につながる「ビームフォーミングZ」、最大2台の同時通信/処理が可能なMU-MIMO機能などを搭載する。無線LAN簡単接続はWPS。

Gigabit Ethernet対応有線LANポート×1基を備え、有線LAN機器の無線化も可能。無線LANセキュリティは、WPA3 Personal(AES)、WPA2 Personal(AES)、WPA Personal(TKIP)。本体サイズは約W93×D52×H130mm、重さは約218g。

リアクション

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加