東京から田舎へ戻ると負け? 倉悠貴・三浦透子・清水尋也ら注目の若手俳優目白押し『スパゲティコード・ラブ』

東京から田舎へ戻ると負け? 倉悠貴・三浦透子・清水尋也ら注目の若手俳優目白押し『スパゲティコード・ラブ』

  • ラジオ関西
  • 更新日:2021/11/26

東京を撮影した映像が美しい。この半面で、東京がもつ残酷さ・切なさを若者13人の群像劇としてリアルに描く、映画『スパゲティコード・ラブ』が11月26日(金)、全国ロードショーです。

【動画】ゆりやんの一言、重いけど、重要! 映画『スパゲティコード・ラブ』予告編

作品の舞台は東京。多くの人が自分の夢をかなえようと地方から上京し、日常を送りながら“こんなはずじゃなかった”と苦悩する街。

フードデリバリー配達員の天(倉悠貴)は、配達1000回を達成したら、大好きなアイドルへの思いに区切りをつけると決意し、今日も自転車を飛ばしています。

「配達軒数1000本いったら、ぼくは君を忘れる」
「誰もいない森の奥で、一本の木が倒れたら、音はするか?」

No image

一方、好きなことや好きな人に嫌われたくないから関わりたくない、としてシンガーソングライターの夢をあきらめた心(三浦透子)は進むべき道を見つけられません。

「美人だったら私の歌もみんなに聴いてもらえるのに」

苦手な友だちとの生産性のない会話に辟易しながらも断ることができないのが現状です。

「ああ、無理。ほんと嫌い、この人たち。でも一緒にいると楽」

No image

カプセルホテルに泊まる“家なし生活”を続ける慎吾(清水尋也)はFacebookの友だちが5000人を超えます。

「不幸とは結局執着している何かが思い通りになっていない状況を示す言葉だと俺は思う。それならそもそも何にも執着しなければ不幸は生まれない」

No image

気鋭の広告クリエイターともてはやされる凛(八木莉可子)は、プレッシャーに耐えかね、周囲との距離感に苦悩しています。

「欲しいのは愛じゃない。金でもないし安心でもない。承認、承認、承認。愛も金も安心も、承認されれば手に入る」

“コミュ力”だけで渡ってきたカメラマンの翼(古畑新之)は、途方に暮れています。

「今欲しいのは遊びの誘いじゃなく仕事の誘いなんだけど」
「25過ぎたら、魔法がとけた。夢はぼんやり見ているうちはあんなに優しかったのに、かなえようとした途端、ドエスになって牙をむく」

高校生の圭(青木柚)と桜(xiangyu)は、カフェでかみ合わない会話を続けています。圭は桜に恋心を伝えられません。

「向き不向きって、超重要じゃね? どう生きるかにさ」

桜は生きる理由がわかりません。2人は平行線です。

「なんで死なないんだろうね私。こんだけ毎日さ、死にたいって言ってんのに。ただの痛いやつじゃんね」

No image
No image

中学生の一樹(三谷麟太郎)は毎日コンビニのイートインスペースで時間をつぶしていて、将来の計画に行き詰まります。

「ぼくが108歳ちゅうことは、3歳年下の妻は105歳。妻とはいっても105歳の妻に看取られるのは微妙やろ。せめて熟女」

モデルの夏美(香川紗耶)は、仕事よりパパ活の方が忙しくなってきた現状に悩み、どうしたら抜け出せるかがわかりません。

「顔で1か月、セックスで3か月。それ以上つなぎ止められるものが私には何もない」

SNSでうその“リア充投稿”に明け暮れる不登校の高校生・花(上大迫祐希)は、一念発起して上京します。

「きょうから本当のことだけ書く、ツイッター。決めてたんだ、東京来たらそうするって」

カフェで働く雫(土村芳)は、客に怒られてばかりの生活で、恋人に尽くすことだけが生きがいです。

「平凡でいい。多くは望まない。趣味もないし友だちなんかいらない。好きな人のお嫁さんになりたいだけ」

失恋のショックで引きこもりになった桃子(佐藤睦)は、元カレとの復縁を願い、怪しげな電話占いにハマっています。

「絶対バカって思われる、1か月15万も電話占いにかけてるなんて誰かに知られたら。でも占いは誰にも迷惑かけない。私が欲しいのはなぐさめじゃない、なぐさめられたら終わっちゃう、私と彼はまだ終わってなんかない」

桃子の隣人で同じく引きこもりの梅子(ゆりやんレトリィバァ)は、ストレスによる過食が止められず、隣りから毎晩聞こえる桃子のひとり言を聞いています。

「確かくそ女とか言われてたよね、何でしがみつくんだよ、愛されてないって分かってんのに。でも分かるよ、その気持ち」

No image

監督は、MV「ラビリンス」(MONDO GROSSO feat. 満島ひかり)やテレビCMを手がけてきた映像クリエイター・丸山健志。

キャストは、池田エライザの監督作『夏、至るころ』で主演した倉悠貴、『ドライブ・マイ・カー』の三浦透子、『東京リベンジャーズ』で印象を残す清水尋也、ポカリスエットのCMで注目を浴びた八木莉可子、『本気のしるし』の土村芳、ゆりやんレトリィバァら。

いまの東京で、若者たちが恋愛を通じて自分の存在意義に苦悩し、居場所を探し求めてさまよう姿をリアルに描く作品です。

「東京は夢をかなえる場所だけど、夢に殺される場所でもある」
「ここ東京だよ、一回来ちゃったらもう、帰ったら負けになるところでしょ」

タイトルの「スパゲティコード」とは解読できないくらい複雑に絡み合ったプログラミングコードのこと。映画『スパゲティコード・ラブ』が11月26日(金)から公開です。(SJ)

No image

◇映画『スパゲティコード・ラブ』
※上映日程は、作品の公式サイト・劇場情報でご確認ください。

出演:
倉悠貴 三浦透子 清水尋也 八木莉可子
古畑新之 青木柚 xiangyu 香川沙耶
上大迫祐希 三谷麟太郎 佐藤睦
ゆりやんレトリィバァ 土村芳

監督:丸山健志 脚本:蛭田直美 撮影:神戸千木
主題歌:三浦透子「Never」(EMI Records/UNIVERSAL MUSIC)

配給:ハピネットファントム・スタジオ
(C)『スパゲティコード・ラブ』製作委員会

ラジオ関西

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加