落ち込んだとき... 思い出してほしい「魔法の言葉」5選

落ち込んだとき... 思い出してほしい「魔法の言葉」5選

  • fumumu
  • 更新日:2022/05/14
No image

(AH86/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

落ち込んでも、誰かのやさしい言葉を聞くだけで救われること、ありますよね。

fumumu取材班が、落ち込んだ時に思い出してほしい「魔法の言葉」について、詳しい話を聞きました。

(1)あなたが悪いわけではない

「『あなたが悪いわけではない』と言われて、気持ちが楽になりました。そもそも、相手にとってのいい人とは『その人にとって都合のいい人』なだけ、なんですよね」(20代・女性)

関連記事:大切な人に「頼ってね」と伝えたい どんな言葉なら気持ちが届く?

(2)「あなたのため」と言われたら…

「『あなたのため』と言われた時は、『自分のために時間を使ってください』と、返しましょう。『あなたのため』と言う人ほど、あなたのことなんて少しも考えていなかったりします。

『自分のために時間を使ってください』と直接言えないような相手だったとしても、心の中で同じことを唱えるだけで、気持ちが軽くなりますよ」(30代・女性)

(3)あなたを落ち込ませた本人は…

「たった数時間で、あなたに何を言ったかすら忘れていたりするものです。『実は、あの時の言葉にすごく傷ついて……』と思い切って打ち明けた時に、『そんなこと言ったっけ?』と言われ、拍子抜けした経験があります。

だから、誰かの心無い一言で、あなたの大切な一日を台無しにする必要なんてないんです」(20代・女性)

(4)人生は思った通りではなく…

「人生は『思った通り』ではなく、『行動した通り』になります。

仕事で失敗して落ち込んでいても、現実は何も変わりません。でも、行動すれば挽回できるチャンスが生まれ、現実を変えられるかもしれません」(30代・女性)

(5)誰かに好かれようとするのではなく…

「誰かに好かれようとするのは、消耗します。自分らしくいられないことで、落ち込むこともあるでしょう。

では、どうしたら、ありのままの自分を受け入れてくれる人と出会えるのか。それは、常に自分らしくいることです。自然と、ありのままでいられる人と出会えます」(30代・女性)

週末はゆっくり休んで、気持ちをリセットできるといいですね。

・合わせて読みたい→「コンプレックス」に縛られないために 自分を許す3つの行動

(文/fumumu編集部・志都

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加