独立リーグ兵庫のチーム内でコロナ 選手ら自宅待機

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/21

関西独立リーグの兵庫ブルーサンダーズは21日、チーム内で新型コロナウイルス感染者が出たと発表した。管轄の保健所と協議し、同日に兵庫・三田市内で行う予定だったシーズン報告会を中止とした。チームはすでにオフシーズンで、選手らは自宅待機となった。報告会では来季からの新チーム名などをお披露目する予定だった。

チームには、昨秋ドラフト候補で指名漏れした最速149キロ右腕の落合秀市投手(19=和歌山東)が今季から入団している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加