【NPBアワーズ】オリックス・山本由伸 パMVPでタイトル総ナメ「もっともっと野球に向き合っていきたい」

【NPBアワーズ】オリックス・山本由伸 パMVPでタイトル総ナメ「もっともっと野球に向き合っていきたい」

  • 東スポWEB
  • 更新日:2022/11/25
No image

表彰ラッシュとなったオリックス・山本(代表撮影)

「NPBアワーズ2022」が25日に行われ、パ・リーグの最優秀選手賞(MVP)にオリックス・山本由伸投手(24)が輝いた。

昨年に続いての受賞に山本は「2年連続でいい成績を出せたので、そこに喜びを感じている。サポートしてくださったみなさんに感謝し、もっともっと野球に向き合っていきたい」と喜びを口にし、連覇と日本一を果たした今季を「去年より安定した感じで投げられるようになった。最後に大事な試合で勝てたり、いい場面もあった。終盤にソフトバンク3連戦で3連勝できたことが印象に残っています」と振り返った。

最優秀防御率(1・68)、最多勝利(15勝)、最多奪三振(205)、最高勝率(7割5分)の4冠に加え、沢村賞、MVPと2年連続で主要タイトルを総ナメ。6月18日の西武戦では自身初のノーヒットノーランを達成するなど、今年も向かうところ敵なしの無双ぶりを発揮した。

今オフに西武から森友哉捕手(27)がFA加入し、来季に向けても手応えを感じている。「いつも対戦してすごく注意する選手の1人。チームメートで心強く思う。3連覇で連続日本一になれるよう、精いっぱい頑張っていきたい」とさらなる高みを目指していく。

東スポWEB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加