黄金の“70年代アイドル”を総直撃<アグネス・チャン>日本語の歌詞は全て「丸暗記」で克服できた

黄金の“70年代アイドル”を総直撃<アグネス・チャン>日本語の歌詞は全て「丸暗記」で克服できた

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2021/05/02
No image

71年に香港で芸能界入りし、翌72年に日本でデビューしたアグネス・チャン(65)は、ミニスカ姿が似合う妖精だった。異国の地で過ごしたアイドル時代を、自身の言葉で振り返る。

【関連記事】アグネス・ラム、リア・ディゾン、ゆきぽよ…芸能界を席巻したハーフ美女30年の「進化論」

香港から来日した当時は、日本語ができなくて、ちょっと苦労しました。日常の習慣にはけっこう早く慣れまして、例えば家に入る時に靴を脱ぐとか、挨拶は握手ではなくて、お辞儀をするとか。

だけど、食べ物と言葉には苦労しました。香港では食べ物は温かいものが多く、ナマ物が苦手なので、お寿司や刺身は食べられませんでした。

それと仕事上、言葉ができないと、司会者から何を言われているのかわからないのは困りました。

それでも歌詞は丸暗記なので、はっきりと意味はわからなかったですけど、大好きな歌を歌っている時は幸せでした。ただ、家に帰ると一人ぼっちなので、ホームシックになったこともあります。

その当時は毎日のように歌番組がありまして、学校が終わるとテレビ局に直行です。時間がないので雑誌の撮影はテレビ局の廊下で行います。次から次へと、いろんなカメラマンから「はい笑って!」って言われた思い出があります。それで本番前に疲れてしまう時もありました。

実は写真を撮られるのが苦手だった私は、自然な笑顔を作るのが難しかった。でもいつも「アグネスは笑顔が可愛いよ」と言われて、そのうちに「はい笑って!」って言われると、笑顔ができるようになりました。

当時は毎日が忙しくて、いつも「病気しないように」と寝る前には祈ってました。夜中の2時3時に帰宅して、朝の6時にスクールバスが迎えに来るので、ゆっくり寝る暇がなかったんです。

17年に亡くなられた平尾昌晃先生は、香港から私をスカウトしてくれた恩師です。先生はたくさん曲を書いてくれました。いちばん大好きな歌は「草原の輝き」(73年)です。明るいメロディーで、新人賞の後押しにもなったヒット曲です。74年には、選抜高校野球の行進曲にも選ばれたんですよ。

もうひとり、松本隆先生もたくさん詞を書いてくれました。その中でも「ポケットいっぱいの秘密」(74年)がいちばん印象的でした。先生にとっても、歌謡曲の歌詞を書くデビュー作でした。

そして歌詞の中に、頭文字のところでア・グ・ネ・スという文字が入ってました。「あなた」「ぐっすり」「寝顔」「好きよ」を縦読みするんです。すごく素敵な秘密! 先生と私の大切な歌です。

今は香港と日本を往復しながら生活しています。歌手の仕事以外に、講演会の講師、作家、教育家として、仕事の幅が広がっています。

香港と日本で今年も新刊が発売になります。教育に関する本は韓国、香港、台湾、中国、タイ、ベトナムでも発売され、読者から共感をたくさんいただいています。

今年は香港で50周年のコンサートと新曲が決まっており、来年は日本での50周年コンサートも。デビューからのアルバムはワーナーミュージックから、5月から毎月CD化され、発売になります。50周年を祝う「アグネスCD祭り」のような企画です。

さらにユニセフアジア親善大使として活動を続けています。デビューから半世紀が経って、私のことを大事にしてくれる方々がいることにとっても感謝です。

アサ芸プラス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加