星野源、10周年記念配信ライブ開催! 原点の地でファンに感謝「ありがとう」

星野源、10周年記念配信ライブ開催! 原点の地でファンに感謝「ありがとう」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/07/13
No image

6月23日にソロデビュー10周年を迎えた星野源が12日、10周年記念配信ライブ「Gen Hoshino’s 10th Anniversary Concert “Gratitude”」を開催した。

『MIU404』綾野剛&星野源、イメージの逆を狙った起用! 演技の振り幅に反響

ファーストアルバム「ばかのうた」発売記念に2010年7月12日に行った初ソロワンマンライブから10年後の同じ日付であるこの日、10年前と同じく渋谷クアトロで開催。会場のキャパシティ(750名)の100倍以上となる約10万枚のチケットが販売された。

配信開始の19時30分、映像が切り替わり、東京・渋谷クアトロのエントランスが映し出される。誰もいないエントランスを通り抜け、カメラは楽屋方面へ。楽屋から出てきた星野源がフレームインし、ステージに向かう。

ステージ上で「Pop Virus」を弾き語り始め、弾き語りパートが終わり、バンドサウンドが響き渡ると共にカメラが客席方面を映し出す。そこには円形に組まれたバンドセットとたくさんの照明が。メンバーが待つ“ステージ”へゆっくりと歩いていく星野。今回のライブはクアトロの客席空間を贅沢に使用したものとなっており、昨年行われた5大ドームツアーでもセカンドステージでスペシャルな時間を作り上げたメンバーとのステージがスタートした。

最初のMCで星野は初の配信ライブにあたり、「みんなステージでやると思っていただろうけど、(通常の)ライブの代わり、ではなく、配信ライブだからできることを近い距離でやりたかった」と趣旨を説明。カメラ位置なども含め、視聴者が普段見ることのできない角度、距離で見ることができるライブに多くの視聴者がSNSで反応していた。

「湯気」「ステップ」と2ndアルバム『エピソード』収録の名曲を絶妙なバンドアレンジで、その後ライブでおなじみの「桜の森」を披露し、演奏の熱量はどんどん上がっていく。一人一人とたっぷり会話しながらのメンバー紹介では外出自粛期間を経て、バンドが集まって演奏できることへの喜びをそれぞれが話す。

「肌」「Ain’t Nobody Know」をグルーヴィーな演奏で披露したあと、この10周年に先駆け、6月19日に急遽配信された新曲「折り合い」をバンドアレンジで披露。星野が自宅でDAWソフトを駆使し、トラックの打ち込みから全てを一人作り上げた、この時代だからこそ生まれたラブソングを届けた。

ライブでは久しぶりとなる「老夫婦」を弾き語りで、ゆったりとしたバンドサウンドでの「未来」を挟み、「うちで踊ろう」を初披露。数え切れないほどのコラボレーションを生み、コロナ禍で沈む日本を元気付け、社会現象となった同楽曲のパフォーマンスはこのライブのハイライトの一つになった。その後も「SUN」「恋」「Same Thing」などお馴染みのヒット曲ではMC用のカメラで視聴者を煽り、ライブのテンションはますます上がっていく。

「この10年間、本当にいろんなことがあって、その中でいろんな人との出会いが自分は大事だと思う。皆さんが聞いてくれてるおかげで、自分は生活できて、ライブだとその場(会場)のお客さんしか言えないけど、配信だとみんなに言えるから」と語り、「ありがとう」と視聴者に想いを伝えた。

その後に披露した「Hello Song」でバンドメンバーはステージを去り、1人残った星野が改めて「ありがとう」と心からの感謝の気持ちを伝え、最後の曲「私」を弾き語り、“感謝(=GRATITUDE)”にあふれた初の配信ライブ「Gen Hoshino’s 10th Anniversary Concert “Gratitude”」は終了した。

撮影:西槇太一

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加