コンビニ弁当の上げ底検証『ファミリーマート 炒飯&だし唐揚弁当』

コンビニ弁当の上げ底検証『ファミリーマート 炒飯&だし唐揚弁当』

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/02/22
No image

美味しくてボリューム満点のコンビニ弁当は、ランチの定番にしている人も多い。だが、その弁当の容器のせいで実際の分量よりも多く見えるという報告が、SNSでたまに見かけられる。

そこで、各社から発売している弁当が上げ底でないか? 実際に食べて満足できるものなのかを検証するこの企画。今回はファミリーマートが2月16日から発売している『炒飯&だし唐揚弁当』(税込550円)を調査する。

画像をもっと見る

■優しい味の唐揚げとインパクトあるチャーハン

No image

チャーハン、唐揚げ(下にはスパゲッティ)、漬物とシンプルな弁当だが、とにかくボリュームがスゴい。

No image

やや大きめのサイズが5つ入っている唐揚げ。量が多いため重たく感じそうに見えるが、あごだし、昆布だし、白だしを使った優しい味付けなので、するすると胃に入っていく。

にんにく、しょうが、醤油の旨味で楽しむ唐揚げとはまた違った趣だが、これはこれですごくいい。

No image

一方、チャーハンはブラックペッパーが効いていて、かなりガツンとくる味。醤油、ラードのコクもあって濃い味わいだ。優しい味の唐揚げと、インパクトのある味のチャーハンの味と量のバランスが絶妙に良いため、どんどん食が進むぞ。

記者は少食ではなく、かといって大食いというわけでもない至って普通の胃袋だが、弁当を食べきったときには「もう限界…」とつぶやいてしまった。これでもかと言わんばかりに、チャーハンと唐揚げ楽しむことができる弁当だ。

関連記事:コンビニ弁当底上げ検証『ローソン 串カツ田中監修 カツ盛合せ弁当』

■とにかくボリュームがスゴい

No image

斜めのアングルから見ると、そのボリューム感がよく伝わるだろう。チャーハン、唐揚げは容器よりも高く盛られており、「ザ・大盛り」といった感じの見た目だ。

味、ボリュームともに納得の『炒飯&だし唐揚弁当』だが、気になるのは「容器の上げ底」。食べて大満足しただけに検証は無粋にも感じるが、食べ終わって洗った容器で検証していこう。

■容器には若干の傾斜が…

No image

少し傾けたアングルだが、チャーハン、唐揚げが入っていた箇所が若干傾いているように見える。

No image

チャーハンが入っていた箇所を寄るとこのような感じ。中央から端にいくにつれて若干、傾斜になっているのがわかるだろうか。

No image

唐揚げが入っていた箇所も同様に傾斜。もしかすると、中央を高く見せるためのテクニックということだろうか。

■検証結果は「上げ底は若干あり」

No image

容器の裏を見ると、中央だけが凹んでいるのがわかる。若干ではあるが「上げ底」を確認できた。

普通の胃袋の記者からすればかなりの量で、上げ底をする必要は正直まったく感じられない。おそらく、少ない量を多く見せるというよりも、消費者に手に取ってもらいやすくするようにキレイに見せる目的だろう。大盛りのチャーハンと唐揚げを食べたい人は安心して手に取ってほしい。

しらべぇ編集部では今後も、さまざまな弁当の「上げ底」を検証していく。また、その他の検証記事は「コンビニ弁当上げ底検証」で配信しているため、チェックしてほしい。

・合わせて読みたい→コメダ珈琲、フライドポテトがさすがのクオリティ マックのポテトと比較すると…

(取材・文/しらべぇ編集部・二宮 新一

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加