【函館スプリントS】追ってひと言

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/10

▼アルピニズム(団野)手応え良く追走できて、内に入った時の反応は良かった。ただ、全体的に歩様が硬い。

▼カツジ(岩田康)直線だけ伸ばした。体が詰まって短距離仕様になっているしパワータイプで洋芝は合う。

▼ケープコッド(吉田隼)グッとハミを取って最後はスッと伸びてくれた。状態は良さそう。

▼ジョーアラビカ(横山和)イメージとはいい意味で違った。ダートでの追い切りだったけど芝も問題ない。

▼センショウユウト(笹田助手)しまい重点で動きは良かった。落ち着きが出て、メンタルの成長を感じる。時計がかかる馬場なら。

▼スギノヴォルケーノ(松田)若干モサモサしていたけど、あらかた仕上がっている。自分の形で行ければ。

▼タイセイアベニール(山田泰助手)栗東で最終追いをしてきたのでダートで軽め。展開が向いてくれれば。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加