ジャマイカ代表 ウィットモア監督が腹痛で会見欠席 98年フランスW杯日本戦で2得点

ジャマイカ代表 ウィットモア監督が腹痛で会見欠席 98年フランスW杯日本戦で2得点

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/17
No image

並んでダッシュするジャマイカ代表(撮影・高部洋祐)

サッカー男子で東京五輪に臨むサッカーU-24(24歳以下)日本代表は12日に愛知・豊田スタジアムで国際親善試合ジャマイカ戦を行う。11日、ジャマイカ代表が試合会場で冒頭15分間を除く非公開で最終調整を行った。

オンラインで行われた公式会見ではセオドア・ウィットモア監督(48)が腹痛のため欠席。ジェローム・ウェイト・アシスタントコーチ(56)が代わって出席した。ウィットモア監督は1998年W杯フランス大会の1次リーグ日本戦で2得点を挙げたことで知られている。日本協会によると、日本入国後からのPCR検査では陰性が確認されているという。

3日に行われた日本代表-U-24日本代表との試合を確認したというウェイト・アシスタントコーチは「よく仕上がっているチーム」と印象を語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加