阪神・2軍戦 岩田稔が今季最長5回2/3を6安打4失点 石原に2ラン被弾

阪神・2軍戦 岩田稔が今季最長5回2/3を6安打4失点 石原に2ラン被弾

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/11
No image

岩田稔

「ウエスタン、広島-阪神」(10日、由宇球場)

阪神の先発・岩田稔が今季最長の5回2/3を6安打4失点で降板した。

序盤は持ち味のテンポの良い投球を披露した。初回は2死から長野に左前打を浴びたが、続く正隨を投ゴロに仕留めて上々の立ち上がり。二回は1死から大盛に中前打を許したが、続く高橋大を1球で遊撃への併殺打に。三回は三者凡退に抑えた。

だが、1点リードの四回2死一塁。石原に2ランを左翼席へ運ばれ、逆転を許した。

陽川の勝ち越し3ランで3点の援護をもらった六回だったが、四死球などで1死一、三塁のピンチを招くと、石原の二ゴロの間に1点を失った。さらに続く大盛に左前適時打を浴びたところで、2番手・加治屋にマウンドを譲った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加