エディ・レッドメイン、映画『リリーのすべて』に出演したのは「間違いだった」と告白

エディ・レッドメイン、映画『リリーのすべて』に出演したのは「間違いだった」と告白

  • SPUR
  • 更新日:2021/11/25

俳優のエディ・レッドメイン(39)が、2015年の映画『リリーのすべて』で主人公リリー・エルベを演じたのは「間違いだった」と、英紙『The Sunday Times』のインタビューで語った。

No image

Photo:AFP/アフロ

『リリーのすべて』は、世界で初めて性別適合手術を受けた画家リリー・エルベをモデルにした小説の映画化。リリーを演じたエディは2016年のアカデミー賞で主演男優賞にノミネートされ、妻ゲルダ役を演じたアリシア・ヴィキャンデル(33)はアカデミー賞助演女優賞を受賞。高い評価を受け、エディの代表作のひとつと言える。

エディは、スティーヴン・ホーキング博士(享年76)を演じた映画『博士と彼女のセオリー』で、2015年のアカデミー賞授賞式で主演男優賞を受賞。米誌『People』によると、エディがキャスティングされなかったら、『リリーのすべて』は製作されなかったという意見もあるのだとか。

No image

Photo:ALBUM/アフロ

役作りにあたり、あらゆる年代のトランスジェンダーの人々に会って話を聞いたというエディの演技は、高く評価された一方で、当時からトランスジェンダーの役をトランスジェンダーでない俳優が演じることへの批判の声があがっていたという。

No image

Photo:Photofest/アフロ

そうした批判に対し、エディは「今だったら、あの役を引き受けないよ。よかれと思ってあの映画を作ったけれど、間違いだったと思っている」とコメント。さらに「キャスティングに関する最大の問題点は、多くの人々が意見を言う機会を与えられていないこと。公平性が必要だ。でないと私たちは、この先も同じような議論を続けることになるだろうね」と語った。

No image

Photo:Evan Agostini/Invision/AP/アフロ

2020年に主演作『ファンタスティック・ビースト』シリーズの原作者J.K.ローリング(56)が、トランスジェンダーの人々の存在を否定するようなツイートをしたことで炎上した際、「ジョー(=ローリング)の発言には賛同しない」との声明を発表したエディ。トランスジェンダーの人々を尊重する姿勢を示したことでも知られる。

トランスジェンダーの役はトランスジェンダーの俳優が演じるべきかどうかは、現在も議論が続いている問題。今回のエディの発言がこの問題に影響を及ぼすのか。今後の展開にも注目していきたい。

>>J.K.ローリングがトランスジェンダーをめぐるツイートで炎上! エマ・ワトソンら『ハリー・ポッター』出演者もコメント

>>『JUNO/ジュノ』のエレン・ペイジ、トランスジェンダーに。声明で喜びと恐怖、そして今後の目標を語る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加