阪神 西純が快投&井上はV弾!小幡は3安打!虎の“未来予想図”描く躍動

阪神 西純が快投&井上はV弾!小幡は3安打!虎の“未来予想図”描く躍動

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/23

◇みやざきフェニックスリーグ 阪神3―2楽天(2020年11月22日 生目第二)

No image

<フェニックスL 神・楽>先発の西純(撮影・坂田 高浩)

阪神が期待の有望株の活躍で競り勝った。先発した高卒1年目の西純がプロ最長の7回2失点、最多タイの8奪三振の力投で勝利投手に。打っては4回に西と同期入団の若き大砲・井上がバックスクリーン右へ勝ち越しソロ。2年目の小幡は、第1打席から3打席連続安打を放って存在感を示した。3人ともに、来季の1軍での飛躍を期待される逸材。猛虎の希望が南国・宮崎でさん然と輝きを放った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加