【RIZIN】三浦孝太 親子同日カズダンスに意欲「同じポーズを同じ日にできたらと思います」

【RIZIN】三浦孝太 親子同日カズダンスに意欲「同じポーズを同じ日にできたらと思います」

  • 東スポWEB
  • 更新日:2022/09/23

ジュニアの夢はやっぱりデカい。格闘技イベント「超(スーパー)RIZIN」(25日、さいたまスーパーアリーナ)の出場選手インタビューが23日に行われ、ブンチュアイ・ポーンスーンヌーン(22=タイ)と対戦するサッカー元日本代表FW三浦知良(JFL鈴鹿)次男の〝カズジュニア〟こと三浦孝太(20)が意気込みを語った。

5月が首のケガ、7月は新型コロナウイルス感染と不運が続き連続キャンセルしているだけに「ここから試合が終わるまで、欠場することがないように気を付けたいと思います。減量もあと1~2キロで順調です。試合を必ず成立させないといけない」と自らに言い聞かせるように話した。過去に試合を見てきたフロイド・メイウェザーと同じリングに上がることに「同じ大会に出られるのは素直にうれしいし光栄なこと。世界で自分を知らない人だったり、タイに行ってファンになってくれた人もいて、この試合をきっかけにまた応援したいなと思われるように頑張りたいです」と力を込めた。

対戦相手を「打撃がそこそこキャリアがあって強いと思うので気を付けて。スタンドだけ警戒している感じです」と話した。さらに将来の海外進出の意欲はあるか問われると「RIZINが大好きなので、RIZINの舞台がエンターテインメントとしても格闘技としてもUFCに勝つ団体の1人になれたらいいというか」とさらに上を行く夢を披露。「世界一の団体にできるように、できることをやって行きたいです。RIZINを広めるっていう」と話した。

25日に父親は東京武蔵野ユナイテッドFC戦を控えており「同じポーズを同じ日にできたらと思います」とニヤリ。プロ2連勝に期待したいところだ。

対するブンチュアイは「今は少し緊張しています。自分としては準備は整っています。(ブアカーオとの)エキシビション戦も見ました。すごくいい選手だと思います」と意気込む。試合のオファーを受けてから約1か月、MMAの特訓に励んだとして「ムエタイの技も使えると思う。修正点も見つけながらしてきたのでいい試合が見せられると思います」と自信をのぞかせた。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加